総合生命科学部 バイオフォーラム2015開催報告(3月1日)

2016.03.01

TAG:

トピックス研究公開講座総合生命科学部
3月1日(火)15号館15102セミナー室において、総合生命科学部バイオフォーラムが開催され、京都大学大学院理学研究科の高橋 淑子 教授による「しっぽの発生生物学」と題した講演が行われました。

体幹部での神経管形成についてはよく理解されていますが、高橋教授らは体幹部と尾部では神経管形成過程が違うことに着目し、尾部での神経管形成メカニズムやその生物学的意義について研究を進めておられます。
講演では、尾部が脊椎動物を特徴づける構造であることを説明され、脊椎動物の多様な機能と進化を説明する鍵となる可能性を提案されました。尾部での神経管形成はダイナミックかつ独自の分子メカニズムを備えた過程であることを、最新のデータを示しながら紹介されました。

講演終了後の質疑応答では、質問が相次ぎ、活発な討論が行われました。
PAGE TOP