生涯学習 むすびわざ講座「元気に生きるために!」開講

2016.01.23

TAG:

トピックス公開講座文化学部
1月23日、むすびわざ館において、文化学部 田中 信雄 教授が講師となり、生涯学習むすびわざ講座公開コース「元気に生きるために!」を開催しました。

田中教授は、ヒトの今日までの繁栄は、自然環境の変化に対し、巧みに内部環境を一定に保つ「生理的適応能力」と「文化的適応能力」を獲得できたことにあると述べ、ヒトのさまざまな適応について解説しました。また、人類の普遍的課題である「無病息災・長寿」には、重力環境に適応するための筋肉量をつけるための運動、酸化ストレスに適応するための食環境など、適応能力を生かすことが重要であると説明しました。
参加した約50人の受講生からは「今後身体の老化・予防に対し、運動・口腔衛生・適応能力を活かし、生活環境を変えていきたい」「講義内容が自己の成長につながった」といった声が寄せられました。
ヒトはどこまで適応能力を獲得できるのか、100m走などの競技記録を予測する方法について解説した
環境適応のための1日の生活リズムと食事について解説する田中教授
PAGE TOP