燦(SAN)主催「『京産共創』プロジェクトⅣ」を開催しました!!

2016.01.08

TAG:

トピックス学生の活動
1月8日、雄飛館2階・3階ラーニングコモンズにて、
学生FDスタッフAC燦主催の「『京産共創』プロジェクトⅣ シラバス論争-THE FIRST MISSION-(※注)」が行われ、学生・教員・職員を合わせて72人が参加しました。

今回の『京産共創』プロジェクトは、三者にとってより良いシラバスのあり方を考えることを目的として行われました。

「しゃべり場」では、6、7人のグループに分かれ、それぞれの“理想のシラバス”についての意見を付箋に記し、大きな1枚の紙に貼り付けることによって、様々な意見やアイデアを共有しました。
「教員の人柄や授業に対する思いをシラバスに掲載することで、教員と学生の会話のツールになれば良い」「授業風景の写真や動画を掲載してほしい」等ユニークで新しいアイデアが提案されるなど双方に刺激を与える良い機会となりました。

今回のイベントはより良いシラバスの改善に向けての第一歩です。
学生FDスタッフAC燦は今後このイベントの意見を活かし、京都産業大学をよくしていくために、まずは理想のシラバスを実現することを目標に活動していきます。

(※注)学生FDスタッフAC燦は、本学の授業・カリキュラムを学生の視点から改善するために活動しています。今回で4回目となる「京産共創プロジェクト」は、本学の学生・教員・職員の三者が集まって「しゃべり場」と呼ばれるグループワークを行い、普段では語り合う機会が少ない学生と教職員が話し合うことで、互いに「刺激」を与え合うことを目的として開催しています。
各々の意見を書き出す参加者
代表者による全体共有
集合写真(学生FDスタッフ燦と教職員)
PAGE TOP