コンピュータ理工学部 玉田 春昭 准教授のGitHub活用記事がgihyo.jpで掲載されました

2016.01.07

TAG:

ニュース教育コンピュータ理工学部
技術評論社のサイト gihyo.jp にて、コンピュータ理工学部 玉田 春昭 准教授が執筆したGitHubの教育活用に関する記事が掲載されました。
ここでは、GitHubを教育機関向けに提供するGitHub Education(従来は有償の一部機能を無償提供)の紹介と、その授業や研究室での活用について書かれています。

ソフトウェア開発向けバージョン管理システムであるGitをインターネット上のWebサービスとしてSNS的機能なども含めて提供しているGitHubは、既にオープンソースソフトウェアの開発・公開プラットフォームとして世界中では活用されていて、かつ先端的なソフトウェア開発を行う企業でも活用しています。従来からの業務システムの開発向けにもGitHub Enterpriseというサービスも提供され始めました。そして、GitHub社は2015年6月には日本法人を設立し、GitHub Patchworkと呼ばれる教育方面での普及活動を積極的に行っています。今後、日本国内の教育現場でのGitHubの普及が進むほか、ソフトウェア開発に限らずインターネット上でのデータ・情報共有や交流のプラットフォームとしても注目され、発展していくことは違いないでしょう。

GitHubの教育活用に関する記事
PAGE TOP