世界文化遺産 上賀茂神社で星空観望会 京都産業大学天文同好会の学生が企画

2015.12.10

TAG:

メディア掲載プレスリリース
京都産業大学天文同好会は、多くの人に星の魅力を知ってもらおうと、4台の天体望遠鏡を持参し、星空の解説を行う観望会を、12月15日(火)世界文化遺産である上賀茂神社の境内で行います。〈雨天時は12月18日(金)に順延〉

京都産業大学公認団体の天文同好会は、星空好きが集まっていることを強調するために「同好会」を名乗っています。部員が望遠鏡で星を見ることを主な活動としていますが、もっと多くの人に星空の魅力を伝えたいと、大学近くの京都市立柊野小学校や上賀茂神社などで小学生や地域の方を対象に定期的に観望会を行っています。

12月15日(火)、世界文化遺産である上賀茂神社の境内で星空の観望会を行います。今の時期は、アンドロメダ座、ぺガスス座、カシオペア座をはじめとする秋の星座とオリオン座、ふたご座、おうし座をはじめとする冬の星座を同時にご覧いただけるまたとない機会です。さらに、天文同好会の学生によるスライドショーを用いた星座解説なども行います。
 

 京都産業大学天文同好会主催「上賀茂神社で星空観望会」を開催

日時 2015年12月15日(火) 18:00~20:00
(雨天の場合12月18日(金)に順延)
場所 上賀茂神社(〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339)
参加方法 事前申込不要(直接お越しください) ・参加費無料(入退出自由)
対象 本学学生、教職員、一般
※夜間のイベントとなりますので小学生以下のお子様は保護者の同伴をお願いします。
問合せ先 京都産業大学広報部
本件に関するお問い合わせ先
京都産業大学 広報部
TEL:075-705-1411


PAGE TOP