学校法人京都産業大学 創立50周年記念式典開催について

2015.11.27

TAG:

トピックスお知らせ
平成27年11月27日(金)創立50周年記念式典を国立京都国際会館で挙行しました。
御来賓や御招待者、また卒業生・在校生、本学関係者など約1,900名が集い、ともに創立50周年を祝いました。

第1部 記念式典では、柿野理事長の主催者代表挨拶に続き、彬子女王殿下、山田 啓二京府知事(代理:山下晃正京都副知事)、門川 大作京都市長、立石 義雄京都商工会議所会頭から、来賓祝辞を頂きました。
また馳 浩文部科学大臣には、公務御多忙の中、本学に向けたビデオメッセージによる御祝辞を頂きました。
記念式典では、大城 光正学長より2030年に向けた中長期計画である「神山STYLE2030」を発表、また新たな大学ロゴ、大学像「むすんで、うみだす。」、学生像「むすぶ人」を発表し、今後の更なる飛躍を誓いました。

第2部 記念祝賀会では、オープニングイベントとして、卒業生 能楽師 青木 道喜氏による「菊慈童」を披露しました。
また伊吹 文明衆議院議員、楠見 晴重日本私立大学連盟副会長、岩井 一路京都産業大学同窓会会長から来賓祝辞を頂きました。
そして、全學應援團による演舞披露がおこなわれ、大学と来場者の方々に向けたエールを送りました。

多くの御来賓、御招待者と共に創立50周年を迎えられたことへの感謝と今後の発展に向けた決意を誓う記念式典・記念祝賀会となりました。

創立50周年記念式典

PAGE TOP