図書館展示企画「宇宙と物理 一般相対性理論から100年にちなんで」開催(終了しました)

2015.11.26

TAG:

ニュース図書館
皆さんは、アルベルト・アインシュタインという名前をご存知ですか?

アインシュタイン(1879-1955年)は20世紀を代表する物理学者であり、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」を発表しました。この内、一般相対性理論(1915-1916年)発表から100年を迎えます。

そこで、図書館では「宇宙と物理」をテーマにアインシュタインをはじめとした歴代の物理学者の著作資料の他、様々な物理理論や実験・観測・応用技術をグラフィカルに表わした資料等を紹介します。

本学創設者である荒木俊馬総長は宇宙物理学や天文学の研究者であり、アインシュタインが日本に来日した際には、学生総代としてドイツ語で挨拶されました。また、本学の益川敏英名誉教授は素粒子物理学の分野でノーベル物理学賞を受賞されました。

この様に、アインシュタインや物理学とのゆかりが深い本学で学んでいる皆さんも、この機会に物理学を深く学んでみるのはいかがでしょう。

期間 2015年9月29日(火)~12月28日(月)
場所 図書館1階 視聴覚カウンター横・パソコン室
図書館2階 メインカウンター前 展示スペース


PAGE TOP