001
ロシア語多様な仕事

私が持つロシアの知識を、「現代の日本の力」に

  • ロシア文学・演劇研究者
    上田 洋子さん

早稲田大学などでロシア語を教えながら思想家・東浩紀が設立した(株)ゲンロンに所属。書籍出版やトークショー登壇などに携わる。

ロシア語を学んだ上田さんが、今挑戦していることは?

私のロシアについての知識を、「日本の力」にすることです。

私は今、出版やトークイベント、ネットでの情報発信を行う会社、ゲンロンで働いています。代表的な仕事は「チェルノブイリの観光地化」の取材でしょうか。原発事故から30年後の現地の取り組みを書籍で発信するため、取材手配、通訳、翻訳として同行しました。現地は未だに危険地域のイメージがありますが、時を経て木々が蘇り、廃炉作業のため働く人がいて街もある…。その現状や観光地化に関わる人の声を伝え、福島の復興につなげることを試みたのです。そのように私が持つロシアの知識を、「現代の日本の力」として還元する方法を模索しているところです。

語学力を生かして働くために必要なことは何ですか?

自分から「したいこと」に飛び込んでいくことだと思います。

学生の頃は、この仕事に就くことを予想もしていませんでした。ただ「ロシア語を仕事にする」という目標に向かって挑戦してきたことが、今の道につながったのです。大学4年次にはロシアへ留学。ソ連崩壊後の混乱時に、「これからどう生きるべきか」を見つめ直す街の人々と関わり、私も社会や人生について考えられたのが大きな収穫でした。大学院生の頃は自分で仕事を探して応募し、世界的に有名な演出家の鈴木忠志さんの劇団で通訳を務めました。舞台裏でのロシアの演劇人とのやりとりでは、「意味を伝えるだけ」でなく、「一緒に物事を動かすための言葉」が鍛えられたと思います。

また、ある映画の字幕制作を引き受けた時、トークショーに呼ばれ、そこで今の会社の代表と出会い、チェルノブイリでの取材に関わることに…。ロシア語は日本ではマイナーな言語ですが、確かな語学力があれば様々な世界が開いていくんですね。そして語学を突き詰めるほど、大学で築いた基礎の大切さを実感します。大学の文法の講義ノートは長い間、参考書代わりに使ったほど詳細でしたが、書き込みの一つひとつが、私を支える土台になったのだと思います。

語学のプロとして、外国語を学ぶためのコツを教えてください!

とにかく基礎をしっかりすること、そして自分の苦手を知って確実に克服することです。また語学を仕事に活かすためには、やはり修士課程まで進むことをオススメします。語学を身につけることで、新しい人や物事に出会うことができ、自分の考え方や活動のフィールドも増えていきます。ぜひ、とことん努力してくださいね。

※掲載内容は取材当時のものです。

新着一覧

学生の感性をまちづくりに生かす「鳥取県ふるさと創生応援隊」
経営学部生が公認会計士に現役合格。勉強に最適な環境と仲間の存在
京都の歴史や文化をむすぶ架け橋となる「京都市認定通訳ガイド」取得に挑戦
京都産 大豆で地域のブランド化に取り組む“静原応援隊”
小豆島「島鱧」のブランディングに、学生たちができること
国内私立大学最大の望遠鏡で世界中の研究者と宇宙の謎と対峙する、未来の研究者
グローバルコモンズでの国際交流を仕掛け続ける2人の留学生スタッフ
ゼミ生のDIYリノベーションで井手町に交流拠点をつくる
PBL授業の課題から生まれた京都マラソン沿道応援企画への挑戦
IoTによるバス安全運転支援システムの開発が、社会を安全にする
PAGE TOP