理学部 教授 益川敏英 ノーベル物理学賞 受賞

スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、08年のノーベル物理学賞を、米シカゴ大の南部陽一郎名誉教授(87)=米国籍、高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)、京都産業大理学部の益川敏英教授(68)の日本人3人に授与すると発表しました。素粒子の理論で先駆的な役割を果たしたことが評価され受賞となりました。

南部氏の受賞理由は、
"for the discovery of the mechanism of spontaneous broken symmetry in subatomic physics"
「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」

小林、益川両氏は
“for the discovery of the origin of the broken symmetry which predicts the existence of at least three families of quarks in nature”
「クォークの世代数を予言する対称性の破れの起源の発見」

が受賞理由になりました。

益川 近影

お問い合わせ先

京都産業大学 研究機構 益川塾担当
Tel.075-705-3105