サービス・設備

サービス

開館時間

平日 8:30-20:00
土曜日 8:30-18:00
授業休業日 8:45-18:00
日曜日 10:30-18:00(春学期・秋学期の定期試験前と試験中)
休館日 日曜日・祝日(春学期・秋学期の定期試験前と試験中は開館)
授業休業中の一定期間

※開館時間と休館日についてはライブラリー・カレンダー(85KB)をご覧ください。
※入館・貸出手続・施設の利用などには学生証・職員証・図書館利用カードなどが必要です。

資料の貸出

 貸出・返却の手続はメイン・カウンターで行ってください。
 貸出中の資料は予約することができます。また、貸出中の資料は、貸出期限内で、予約のない限り貸出期限を延長できます。

貸出冊数と期間

普通貸出 10冊2週間
指定図書貸出 学生 3冊1週間
資格試験資料貸出 学生 3冊2週間
論文貸出 学生 10冊1ヶ月
長期貸出 大学院生 50冊6ヶ月
専任教員 200冊6ヶ月
専任職員 50冊6ヶ月
非常勤講師 50冊6ヶ月

学生用資料購入の申込み

 利用したい資料が図書館にないときは、希望資料の購入を申し込むことができます。

  1. 学部学生・大学院生→館内にある購入希望図書申込書で申し込んでください。学生用図書選択会議で検討します。
  2. 教員→学生のために良書をご推薦ください。(59KB)

指定図書の申込み

担当科目の受講生に通読、または章・ページ等を指定して必読を課する図書。(教科書及び事典・辞書などの参考図書は除く)

資料の複写

 図書館の資料を複写するときは、図書館資料複写申込書を記入の上、著作権法第31条(第2章第3節)を守ってください。
 複写機はプリペイド・カード式です。カード発売機はコピー・コーナー(2階・3階・地下1階)にあります。
 1000円カード発売機からは領収書が出ます。2階3階コピー・コーナーにはカラー・コピー機も設置しています。

視聴覚資料の利用

 図書館所蔵のビデオ、CD、DVDなどは1階の視聴覚室で利用できます。
 手続は視聴覚カウンターで行ってください。

開室時間

 平日
 8:30-20:00(受付は18:15まで)
 土曜日
 8:30-18:00(受付は17:00まで)

ドキュメント・デリバリー・サービス

 専任教員には資料を配達するサービスを実施しています。詳しくは情報サービス担当利用サービス係(貸出・閲覧)におたずねください。

設備

パソコン室

 1階のパソコン室にパソコン56台が設置されています。開館時間中は自由に利用してください。
 ただし、利用の際には、本学コンピュータ環境(cc環境)のユーザーID、パスワードが必要です。
 ここでは蔵書検索(KSU-Cat)やデータベース検索、インターネットへの接続もできます。

貴重品ロッカー

 2階メインカウンター前に貴重品ロッカーを設置していますのでご利用ください。
 利用目的は貴重品の保管に限ります。
 利用時間は「当日開館時間内」とします。
 音声誘導で簡単に利用できます。

開架閲覧室

 2階に516席、3階に461席の閲覧机があります。仕切りのついているキャレルデスクもあります。集中して勉強したい時にはこちらをご利用ください。また、無線LANアクセスポイントも設置しているので、ノートパソコンを持ち込んでネットワークへ接続することも可能です。
 ただし、利用の際には、本学コンピュータ環境(cc環境)のユーザーID、パスワードが必要です。

コピー機

 2階に3台、3階に2台、また地下1階に2台設置しています。全てコピーカード方式ですので、コピー機のそばにあるコピーカード発売機にてカードを購入してください。500円カードと1,000円カードの2種類があります。
 尚、図書館のコピー機は図書館資料専用です。自身で持込んだものはコピーできませんので注意してください。

視聴覚室

 個人視聴覚室には、15インチディスプレイの1人用が23席、20インチの2人用が4席あります。
 グループ視聴覚室には、5名用が3室と20名用が2室あります。5名用の部屋には42インチディスプレイと5.1chサラウンドが設置されています。20名用の部屋ではプロジェクターによる映写が可能です。
 DVDやビデオテープ等の視聴覚資料は、図書館の資料のみ利用することができます。
 自身で持込んだ資料は利用することはできませんので注意してください。

図書館ホール

 収容人数が152名のホールです。プロジェクターやDVD/ビデオデッキ、書画カメラ、ノートパソコン等を設置しています。無線LANアクセスポイントも設置しているのでネットワークへの接続も可能です。

休憩室

 図書館で唯一、飲食可能なスペースです。飲物や軽食の自動販売機を設置しています。
 ただし、喫煙と携帯電話による通話はできません。

PAGE TOP