3著作の合本 (1)サクロボスコ『天球論』1490年 (2)レギオモンタヌス 『クレモナのゲラルドへの論争』 (3)ポイルバッハ『惑星の新理論』 外観
外観画像
サムネイルをクリックすると拡大表示で閲覧できます。

書名・著者名

Sphaera mundi / [Johannes de Sacro Bosco]
[Disputationes contra Cremonensia deliramenta] / [Regiomontanus]
[Theoricae novae planetarum] / [Georgius Purbachius]

出版・頒布事項[Venezia] : [Bonetus Locatellus : Octaviani Scoti] , [1490]
形態事項[96] p. ; ill. (some col.) ; 21 cm

解 説

(1)サクロボスコ『天球論』1490年

サクロボスコ(英名:ホリウッドのジョン)は、イギリスの数学者・天文学者。1221年よりパリ大学で数学と天文学を教えた。生年は不明、Oxford Dictionary of National Biographyによれば没年は1236年。

『天球論』は、多くをファルガーニの天文書に拠っており、プトレマイオスの天文学を最新の知識に基づき簡潔に分かりやすく解説している。アリストテレス=プトレマイオス的な地球中心の宇宙論の基本的教科書として13世紀中ごろからヨーロッパで広く読まれ、中世の宇宙観に影響を与えた。

初版はフェラーラで1472年に出版された。印刷された最初の天文学書。

(2)レギオモンタヌス 『クレモナのゲラルドへの論争』

12世紀の翻訳家クレモナのゲラルド(1114年頃-87年)の惑星運行表を批判したもの。

(3)ポイルバッハ『惑星の新理論』

著者ポイルバッハ(1423-1461)はオーストリア生まれでレギオモンタヌスの師。死後1473年にレギオモンタヌスによってニュルンベルクで出版され、一世紀半にわたって最も標準的な教科書となった。

参考資料:
  • 『世界大百科事典』
  • Japan Knowledge:世界百科全書
  • 『世界名著大事典』
  • “Oxford Dictionary of National Biography”

3著作の合本 (1)サクロボスコ『天球論』1490年 (2)レギオモンタヌス 『クレモナのゲラルドへの論争』 (3)ポイルバッハ『惑星の新理論』 見開き 閲覧する

iPallet / Lime について(ビュアーの説明)