プトレマイオス『地理学』1511年 外観
外観画像
サムネイルをクリックすると拡大表示で閲覧できます。

書名・著者名

Liber Geographiae cum Tabulis et Universali Figura et cum Additione Locorum quae A Recentioribus Reperta sunt Diligenti cura Emendatus et Impressus / par Klaudios Ptolemaios

出版・頒布事項Venezia : I. Pentius de Leunco, 1511.
形態事項[184] p. ; 45x31 cm

解 説

プトレマイオスは紀元後2世紀アレクサンドリアで活躍したギリシャの天文学者。地理学を数理科学として位置づけ、天文学の観測と、旅行者たちの情報をもとにして、『地理学』を著した。ここで当時知られていた世界の各地を経度と緯度を用いて数理的に示した。後にこの書物に基づいて多くの地図が作成され、多くの誤りがあるにもかかわらず、大航海時代に多大な影響を残した。

参考資料:
  • ネットで百科:世界大百科事典
  • Japan Knowledge:日本大百科全書
  • 『世界名著大事典』

プトレマイオス『地理学』1511年 見開き 閲覧する

iPallet / Lime について(ビュアーの説明)