天文台の利用のみ

 神山天文台では、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校等における理科教育や総合学習等の学校行事、教育委員会が主催する事業の予約利用を先着順に受付いたします。

ご利用日 平日の火曜日から金曜日まで
なお、本学の一斉休業期間と大学行事等の日のご利用は、お申し込みいただけません。(詳細については、事前にお問い合わせください)
ご利用時間帯 午前の部 9時45分 開始
10時45分 60分コース終了
11時15分 90分コース終了
午後の部 15時00分 開始
16時00分 60分コース終了
16時30分 90分コース終了
夜間の部 18時30分 開始
20時00分 終了
定員 60名(30名以上の場合は、2班に分かれます。)

申込方法

 利用申込書をダウンロードして、ご利用希望日の2ヶ月前までにFAXまたは郵送にてお申し込みください。
 本学の授業での利用予約が先に入っている場合もありますので、利用申込書には第3希望までご記入ください。なお、天文台利用の申込をご希望の方は必ず事前に電話にてご相談下さい。(Tel.075-705-3001)

郵送の場合

〒603-8555
京都市北区上賀茂本山
京都産業大学 神山天文台 宛

FAXの場合

Fax.075-705-3002

内容

 参加する児童・生徒の学年に合わせた内容を用意いたします。

午前・午後の部共通

 60分コースを希望される場合は、下記の1.と2.のみになります。

1.「望遠鏡の見学」(30分間)

 望遠鏡は、どうやって光を集めているのかな?
 身近な光の性質(反射や屈折)についての理解を深め、世界第一線の研究に使用している口径1.3mの大型望遠鏡を見学します。

2.「宇宙の立体映像」(30分間)

 立体メガネをかけて、今晩見える惑星へ近づいたり、銀河のまわりを回ったり、宇宙の果てまで旅をしてみよう。

3.「天文の授業と質問コーナー」(30分間)

 季節の星座や最新の天文ニュースについて、天文台で授業を受けてみよう。質問の時間がたっぷりあるから、宇宙について不思議に思っていることを何でも聞いてみよう。

夜間の部

 90分コースを推奨しますが、50名以下の場合は、下記の2.「天体観望」の時間を短縮して、60分コースにて実施することも可能です。

1.「今晩の星空解説」(30分間)

 季節の星座や、これから望遠鏡で観望する天体についての説明を聞こう。

2.「天体観望」(60分間)

 望遠鏡にて、天体を観望します。月や惑星や、星の集団や、生まれたての星や年をとった星を自分の目で確認しよう。(季節や天候により、観望する天体は異なります。)

※夜間の部が悪天候で天体が見えない場合は、昼間と同じ内容になります。
※学術的に重要な突発天体が出現した場合、天体観望会の時間帯に口径1.3m望遠鏡(荒木望遠鏡)を研究利用することが稀にございます。その場合は、小口径の望遠鏡を使用して天体観望会を実施します。
※館内での飲食は、ご遠慮いただいておりますので、あらかじめご了承ください。

お問合せ

京都産業大学 神山天文台
Tel.075-705-3001