教育研究支援制度

リサーチ・アシスタント(RA)制度

この制度は、博士後期課程の学生に本学が行う研究プロジェクト等に参画する機会を提供することにより、本学の研究支援体制の充実及び若手研究者の養成を促進することを目的としています。
採用される研究プロジェクト等により異なりますが、年額最大120万円を支給します。

ティーチング・アシスタント(TA)制度

この制度は、大学院生が授業の教育的補助業務を行うことにより、学部学生等に対してより一層の教育効果を上げ、教育研究の指導者となるための学習機会を得ることを目的としています。

学会発表・参加のための旅費等援助制度

この制度は、学会への発表や参加の機会を増やし、発表・参加を通じて大学院生の専門的知識の向上をはかることを目的としています。国内学会発表・参加のために要した旅費・宿泊費等を援助します。

論文投稿掲載費の援助制度

この制度は、専門雑誌への論文単独投稿掲載に係る費用を援助します。
※「学会発表・参加のための旅費等援助制度」と「論文投稿掲載費の援助制度」を合せて1人当たり年間3万円を限度に援助します。

海外学会発表のための旅費等援助制度

この制度は、海外で開催される学会おいて研究発表を行うために要した費用を援助します。 援助回数は、博士前期課程・修士課程及び博士後期課程を通して、在学年数以内に合計2回まで受けることができます。1回の援助額は15万円を上限としています。

海外留学のための支援金制度

この制度は、大学院生の海外留学に際して支援金を給付することにより、経済的負担を軽減し、学業に専念できることを目的しています。
PAGE TOP