学費減免制度等

本学が独自に設ける学費減免制度および奨学金制度は、次のとおりです。 その他、(独)日本学生支援機構が行う奨学金については、こちらをご覧ください。 また、リサーチ・アシスタント(RA)やティーチング・アシスタント(TA)、学会発表を援助する制度等があります。これら情報については、こちらをご覧ください。

学費減免・
奨学金制度名
対象研究科 期間 支給額 募集
大学院生支援奨学金制度 経済学
マネジメント
法学
外国語学
理学
工学
先端情報学
生命科学
経済学(通信教育課程)
1年
(再申請可能)
・博士後期課程
全員一律に学費額の授業料100%相当額を給付

・博士前期課程・修士課程
全員一律に授業料20%相当額を給付
入学時の成績に応じて優秀者には授業料50%相当額(合計70%)、40%相当額(合計60%)を給付
要申請
法務研究科成績優秀者授業料減免制度 法務研究科 ・既修者 ・既修者
授業料全額免除
公募は行わない。(申請不要)
・未修者
2年次の春学期以降
・未修者
成績(GPA)において
上位10%以内でGPA2.4以上の者を授業料全額免除
次位20%以内でGPA2.0以上の者を授業料半額免除
次位10%以内でGPA1.8以上の者を授業料4分の1免除
法務研究科学修奨励金 法務研究科 ・未修者
入学年度の春学期と秋学期
各学期17万円 公募は行わない。(申請不要)
私費外国人留学生授業料減免 経済学
マネジメント
法学
外国語学
理学
工学
先端情報学
生命科学
1学期間
(次学期の再申請可)
1学期間の授業料の40%相当額 要申請
私費外国人留学生学業成績優秀者奨励金 経済学
マネジメント
法学
外国語学
理学
工学
先端情報学
生命科学
1学期間
(次学期も採用可)
各学期10万円 研究科長の推薦を受けた者
大学院外国留学支援金制度 マネジメント
(デュアル・ディグリー・プログラム学生)
1年間 35万円 申請不要
大学院在学留学授業料減免制度 マネジメント
(デュアル・ディグリー・プログラム学生)
原則1年
(最長2年間)
留学中の本学学費相当額支給 要申請
大学院在学留学給付奨学金制度 マネジメント
(デュアル・ディグリー・プログラム学生)
原則1年
(最長2年間)
留学中のミズーリ大学学費相当額支給 要申請

大学院生支援奨学金制度

※平成32年度から制度を変更することがあります。

目的

学業・研究に専念できる環境を整え、多くの優秀な学生の育成と大学院教育の一層の活性化に資する

概要

経済支援として奨学金を申請により給付

対象研究科

経済学研究科、マネジメント研究科、法学研究科、外国語学研究科、理学研究科、工学研究科、先端情報学研究科、生命科学研究科、経済学研究科(通信教育課程)
(法務研究科を除く)

種別

給付(当該学期の学費納付時に授業料から給付額を減じて給付)

修士課程・博士前期課程 給付額等

A.一律給付
対象 修士課程・博士前期課程の全員
期間 1年(在学中において再申請可能)
給付額 授業料20%相当額
【大学院生支援奨学金に採用された場合の学費等負担額】
(平成28年度学費額から算出)
授業料 教育充実費
実験実習費
20%
相当額給付
408,800円
(541,600円)
133,000円
(224,000円)
()内は理系
給付額 文系102,200円 理系135,400円
負担額合計 文系541,800円 理系765,600円
※マネジメント研究科 デュアル・ディグリー・プログラム学生は除く
(別途制度あり、詳細はこちら)。
 
経済学研究科(通信教育課程)(平成28年度学費額から算出)
授業料 教育充実費
実験実習費
20%
相当額給付
204,000円 66,000円
給付額 51,000円
負担額合計 270,000円

B.成績優秀者に対する給付(学内推薦入試)
対象 修士課程・博士前期課程の学内推薦入試で入学を許可された者
期間 1年(標準修業年限内において再申請可能)
給付額 授業料70%相当額
(授業料20%相当額の一律給付に授業料50%相当額を加えた額)
【大学院生支援奨学金に採用された場合の学費等負担額】
(平成28年度学費額から算出)
授業料 教育充実費
実験実習費
70%
相当額給付
153,300円
(203,100円)
133,000円
(224,000円)
()内は理系
給付額 文系357,700円 理系473,900円
負担額合計 文系286,300円 理系427,100円

C.成績優秀者に対する給付(一般入試)
対象 修士課程・博士前期課程の一般入試(※)で入学を許可された者で成績優秀者
期間 1年(標準修業年限内において再申請可能)
給付額 授業料60%相当額
(授業料20%相当額の一律給付に授業料40%相当額を加えた額)
【大学院生支援奨学金に採用された場合の学費等負担額】
(平成28年度学費額から算出)
授業料 教育充実費
実験実習費
60%
相当額給付
204,400円
(270,800円)
133,000円
(224,000円)
()内は理系
給付額 文系306,600円 理系406,200円
負担額合計 文系337,400円 理系494,800円
※社会人対象入試を除く。外国人留学生は対象から除く(別途制度あり、詳細はこちら)。

博士後期課程 給付額等
対象 博士後期課程の全員
期間 1年(在学中において再申請可能)
給付額 授業料100%相当額
【大学院生支援奨学金に採用された場合の学費等負担額】
(平成28年度学費額から算出)
授業料 教育充実費
実験実習費
100%
相当額給付
133,000円
(224,000円)
()内は理系
給付額 文系511,000円 理系677,000円
負担額合計 文系133,000円 理系224,000円

私費外国人留学生対象

目的

経済的負担を軽減し、学業に専念できるようにする

対象研究科

経済学研究科、マネジメント研究科、法学研究科、外国語学研究科、理学研究科、工学研究科、先端情報学研究科、生命科学研究科

種別

給付

新入年次

項目 私費外国人留学生授業料減免
対象 私費外国人留学生
(在留資格が「留学」の者に限る)
学内推薦入試による入学生を除く
期間 1学期間(次学期再申請可、最短修業年限内)
給付額 1学期間の授業料の40%相当額
採用人数 減免出願資格を満たす者全員
備考 国費留学生でない者
外国政府の派遣する留学生でない者

2年次から標準修業年

項 目 私費外国人留学生授業料減免
対 象 私費外国人留学生
(在留資格が「留学」の者に限る)
学内推薦入試による入学生を除く
期 間 1学期間(次学期再申請可、最短修業年限内)
給付額 1学期間の授業料の40%相当額
備考 国費留学生でない者
外国政府の派遣する留学生でない者
項目 私費外国人留学生学業成績優秀者奨励金
対象 私費外国人留学生で研究科長から推薦され、選考委員会において承認された者
(在留資格が「留学」の者に限る)
期間 1学期間(次学期再採用可)
給付額 各学期10万円
備考 (独)日本学生支援機構が主管する「文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度」に採用された者は除く。

デュアル・ディグリー・プログラム入試対象

マネジメント研究科の修士(マネジメント)と同時にミズーリ大学セントルイス校(College of Business Administration)MBAを2年間で取得するための「デュアル・ディグリー・プログラム入試」で入学した学生を対象とした制度です。

大学院外国留学支援金

目的

在学留学をする場合に、その勉学に資するための経済的な支援を行う

対象研究科

マネジメント研究科(デュアル・ディグリー・プログラム学生)

種別

支給(学期毎に分割して指定の口座へ振り込む)
対象 デュアル・ディグリー・プログラム学生
期間 1年間
給付額 350,000円
採用人数 3名
備考 滞在費、寮費、生活費、往復の渡航費は本人負担となります。

デュアル・ディグリー奨学金

この奨学金を受けて最短2年間で両大学院の学位を取得した場合、学費の個人負担は、入学金(27万円 <注>本学卒業生の場合は半額)及び本学在学時の学費等のみとなります。

目的

経済的負担を軽減し、学業に専念できるようにする

対象研究科

マネジメント研究科(デュアル・ディグリー・プログラム学生)

種別

給付
項目 奨学金A
(大学院在学留学授業料減免制度)
奨学金B
(大学院在学留学給付奨学金制度)
対象 デュアル・ディグリー・プログラム学生
期間 原則1年(最長2年間)
給付額 644,000円
(平成28年度学費額を参照)
$8,000
(留学中のミズーリ大学学費相当額支給)
採用人数 3人
備考 修学中に本学を退学した場合は、支給した奨学金を全額大学に返還しなければなりません。
留学開始時にミズーリ大学の授業料50%を支給し、帰国後両校の学位を取得した場合、ミズーリ大学の授業料の残り50%を支給する。一旦は、各自がミズーリ大学の授業料の支払いをすることになります。
PAGE TOP