研究科長メッセージ

京都産業大学 大学院 経済学研究科(通信教育課程)長 大坂 仁

京都産業大学 大学院
経済学研究科(通信教育課程)長

大坂 仁

 

研究科長からのメッセージ

 本研究科(通信教育課程)は実社会での経験を有する社会人を対象としており、これまでの経験を生かした研究を深めることで高度な専門職業人の育成を目指しています。実際に国内外を問わず、官公庁や企業、また自営業に従事するなど様々な経歴を持つ大学院生が研究に打ち込んでいます。
 現在、社会における経済問題は日本国内の財政問題や少子高齢化などに関連するものからグローバルな環境や通商問題まで幅広く、かつ複雑化しています。そのような問題に対して多面的な分析アプローチも必要です。本研究科(通信教育課程)では歴史的な視点から問題を掘り下げている大学院生もいれば、理論的・計量的な分析アプローチを用いて問題に取り組んでいる大学院生もいます。実際に多くの大学院生が理論と実証の両面から意欲的に研究テーマに取り組んでおり、実社会での経験に基づいて説得力のある分析結果を導き出しています。
 もともと大学院を目指していたが何らかの理由でその機会がなかった方々、また技術革新のもと複雑化、多様化、高度化していく現代社会で生涯にわたって学修を継続したいという社会人に対して、本研究科(通信教育課程)は「働きながら学ぶ」大切な機会を提供しています。今後の実社会での経験をより実り多いものにするために、本研究科で一緒に研究していくことをお勧めします。

PAGE TOP