3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

法務専攻

専門職学位課程

 本研究科の定めた基本理念に則り、法律学の高度な学力を身に付け、法的思考能力を有し、公共に対する責任意識と参加意識を備えた高度専門職業人であることが、課程修了に際して考慮すべき重要な点である。
 所定の年限を在学し、本法務研究科が教育の理念及び目的に基づいて設定した所定のカリキュラムに沿った教育を受け、必要修得単位を含む所定の単位を修得することが、学位授与の要件である。

カリキュラム・ポリシー

法務専攻

専門職学位課程

 本研究科は、実戦力を持つ「気骨」と「格調」ある法曹を育成する。そのためには、基本的な法律知識の修得とその実践的な応用力を身につけることが不可欠である。それに加えて、社会の法的問題への関心と実務感覚に基づいた使命感の涵養も重要である。そうした学修のために、本学のカリキュラムは次の点に配慮して組み立てている。

  1. 法律基本科目の体系的開講による段階的、系統的履修の保障
  2. 法律基本科目及び重要な先端・展開科目での、講義科目と演習科目の開講
  3. 3年間の各学期すべてに実務基礎科目の開講
  4. 特色ある法曹となるための多様な先端・展開科目の開講
  5. 法科大学院の学修をまとめるための総合演習科目の開講

アドミッション・ポリシー

法務専攻

専門職学位課程

 本研究科において法曹へと育っていくために、次の3条件をあらかじめ兼ね備えていることを求める。

  1. 自由で公正な社会を実現しようとする意欲と使命感を有すること
  2. 法的思考能力へと発展させていくことができる「考える力」を有すること
  3. 法律学を修得していくための基礎的な学力(読み・書き・聞き・話す能力)を有すること

お問い合わせ

PAGE TOP