准教授 山縣 淳子(ヤマガタ ジュンコ)

担当する領域科目名 ハドロン原子核物理学
研究テーマ 媒質中におけるハドロンの性質に関する理論研究
取得学位 奈良女子大学 博士(理学)
研究分野を表すキーワード ハドロン、原子核、中間子原子核
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

 身の回りの物質は多くの原子核の集まりです。その原子核は、たった2種類の粒子(陽子と中性子)で構成されていることをご存じでしょうか?それらの粒子は、さらに細かくすることができて、クォーク3つで構成されています。しかし、クォーク3つの質量を足しても陽子や中性子の質量の1%程度にしかなりません。残り99%の質量起源の解明を目指し、媒質中におけるハドロン(クォーク3つで構成されるバリオンとクォーク・反クォーク対で構成されるメソンの総称)の性質を理解するための理論研究をしています。
 具体的には、ハドロンと原子核の束縛状態の生成を考えます。その際、以下の3つのパートを軸に進めていきます。
(1)ハドロン-原子核間相互作用計算:相互作用の強さを計算する
(2)構造計算:束縛するかどうか計算する
(3)生成反応計算:実現可能な実験を提案し、どのように観測されるか計算する
上記のすべての計算を包括的に行うことにより、理論予言を行います。

過去3か年の主な論文、著書など

  1. J. Yamagata-Sekihara, C. Garcia-Recio, J. Nieves, L.L. Salcedo, L. Tolos, “Formation spectra of charmed meson-nucleus systems via pbar beam”, PoS INPC2016 (2017) 273.
  2. HEATES Collaboration (S. Okada et al.), “First application of superconducting transition-edge-sensor microcalorimeters to hadronic-atom x-ray spectroscopy”, PTEP 2016 (2016) 091D01.
  3. J. Yamagata-Sekihara, C. Garcia-Recio, J. Nieves, L.L. Salcedo, L. Tolos, “Formation spectra of charmed meson-nucleus systems using an antiproton beam”, Phys. Lett. B754 (2016) 26-32.
  4. T. Sekihara, T. Arai, J. Yamagata-Sekihara, S. Yasui, “Compositeness of baryonic resonances: 4pplication to the Delta(1232), N(1535), and N(1650) resonances”, Phys. Rev. C93 (2016) 035204.
  5. N. Ikeno, J. Yamagata-Sekihara, H. Nagahro, S. Hirenzaki, “Formation spectra of pionic atoms in the Green's function method”, PTEP 2015 (2015) 033D01.

過去3か年の教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)】

  1. 山縣淳子, 比連崎悟, “Nuclear Compression in Mesic Nuclei”, 日本物理学会2017年秋季大会, 宇都宮大学, 2017年9月
  2. 山縣淳子, “反応計算に関して”, 第3回ストレンジネスを考える会, 大阪大学核物理研究センター, 2017年6月
  3. J. Yamagata-Sekihara, C. Garcia-Recio, J. Nieves, L.L. Salcedo, L. Tolos, “Formation spectra of charmed meson-nucleus systems via pbar beam”, The International Nuclear Physics Conference 2016, Adelaide(AUSTRALIA), 2016年9月
  4. J. Yamagata-Sekihara, C. Garcia-Recio, J. Nieves, L.L. Salcedo, L. Tolos, “Structure and formation spectra of Dbar meson-nucleus systems”, ELPH研究会 (Meson Production and Meson-Baryon Interaction ), 2015年9月(招待講演)
  5. J. Yamagata-Sekihara, C. Garcia-Recio, J. Nieves, L.L. Salcedo, L. Tolos, “Structure and formation spectra of Dbar meson-nucleus systems”, Hadrons and Hadron Interactions in QCD 2015, 京都大学気物理学研究所, 2015年3月
PAGE TOP