教授 瀬川 耕司(セガワ コウジ)

担当する領域科目名 量子機能物性
研究テーマ トポロジカル物質の実験研究
取得学位 東京大学 博士(理学)
研究分野を表すキーワード 物性物理学 トポロジカル絶縁体 トポロジカル超伝導体 輸送特性 単結晶 薄膜
研究室電話番号 非公開
e-mail 非公開

研究の概要

 当研究室では物性物理学の実験研究を行う。手法としては試料作製から基本的な物性測定、および実験装置の作製の全てを自前でできることが特徴である。試料は石英管封入による溶融法やフラックス法による単結晶作製に加え、スパッタリング法による薄膜試料作製も必要に応じて行う。さしあたっての研究対象はトポロジカル絶縁体・超伝導体およびその関連物質であるが、時の状況や学生の興味次第で様々な物質の試料作製に挑戦することも可能である。作製した試料については、その低温・強磁場下での輸送特性・磁気特性を測定することにより量子的な機能物性を探究する。具体的には、温度は1.5Kから500K、磁場は8テスラまでの範囲で制御ができる超伝導マグネット装置を用いて精密測定を行うが、測定装置の開発も学生の興味に応じて手がける予定である。実験に際しては様々な工学的知識などが必要になるが、物理学の基礎的素養以外に予備知識は必要ない。

過去3か年の主な論文、著書など

  1. S. Yonezawa, K. Tajiri, S. Nakata, Y. Nagai, Z. Wang, K. Segawa, Y. Ando and Y. Maeno, “Thermodynamic evidence for nematic superconductivity in CuxBi2Se3”, Nat. Phys. 13, 123 (2017).
  2. K. Matano, M. Kriener, K. Segawa, Y. Ando and G.-Q. Zheng, “Spin-rotation symmetry breaking in the superconducting state of CuxBi2Se3”, Nat. Phys. 12, 852 (2016).
  3. Z. Wang, K. Segawa, S. Sasaki, A.A. Taskin and Y. Ando, “Ferromagnetism in Cr-doped topological insulator TlSbTe2, APL Mater. 3 083302 (2015).
  4. K. Segawa, “Synthesis and Characterization of 3D Topological Insulators: a Case TlBi(S1-xSex)2, Science and Technology of Advanced Materials 16 014405 (2015).
  5. K. Segawa, A.A. Taskin and Y. Ando, “Pb5Bi24Se41: A new Member of the Homologous Series Forming Topological Insulator Heterostructures”, J. Solid Stat. Chem. 221 196-201 (2015).
  6. Z. Wang, K. Segawa, S. Sasaki, A.A. Taskin and Y. Ando, “Ferromagnetism in Cr-doped topological insulator TlSbTe2, APL Materials 3 - (2015).
  7. S. Sasaki, K. Segawa and Y. Ando, “Superconductor derived from a topological insulator heterostructure”, Phys. Rev. B 90 220504 (2014).

過去3か年の教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

招待講演 “Experimental Research on Topological Insulators”, INC12 (International Nanotechnology Conference), 2016年5月12日, Imec (Leuven, Belgium)

招待講演「トポロジカル絶縁体・超伝導体実験研究のこれまでの総括と課題」第8回東北大学研究会「金属錯体の固体物性最前線―金属錯体と固体物性物理と生物物性の連携新領域を目指して―」、 2016年2月21日、東北大学

招待講演「トポロジカル絶縁体実験研究のこれまでの総括と課題」、日本学術振興会「先端ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会」平成27年度第5回研究会、2016年2月1日、理化学研究所

招待講演「トポロジカル絶縁体・超伝導の実験状況と課題」、第8回凝縮系理論研究会、2015年12月5日、京都大学

招待講演「カルコゲナイド系トポロジカル絶縁体の実験研究」、第62回応用物理学会春季学術講演会、2015年3月12日、東海大学

招待講演“Experimental Research on Topological Insulators”, International conference on topological quantum phenomena, 2014年12月20日、 京都大学

PAGE TOP