准教授 佐川 英夫(サガワ ヒデオ)

担当する領域科目名 惑星大気観測
研究テーマ 惑星大気・表層環境の観測的研究
取得学位 東京大学 博士(理学)
研究分野を表すキーワード 惑星科学,惑星大気,リモートセンシング
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

 惑星の表面を覆う大気の層は,その惑星の物理・化学的な状態を決定する上で非常に重要なファクターとなります.例えば,大気中を吹く風(大気循環)の規模によって その惑星上で物質やエネルギーがどのように輸送されるかが決定されます.大気を構成する大気分子微量成分の化学的な性質は,その惑星の表層環境の酸化還元状態を左右します.また,大気を持つ惑星ではかなりの確率で雲が形成されますが,雲によるアルベドの変化は惑星の気候変動にも繋がっていきます.
 大気には力学(大気循環)や放射,大気化学などといった様々な物理・化学過程が存在しますが,地球の大気で見られるような物理現象が他の惑星大気でも見られるとは必ずしも限りません.その逆も然りです. 地球を含めた各惑星の大気を精査し,「惑星大気」というものに対して より統一的な理解を得たいというのが私の研究テーマです.特に,様々な観測的手法(望遠鏡を利用した地上からの観測や探査機を利用した観測)を用いて,大気の組成や大気構造の空間・時間的な変動を理解しようとしています.

過去3か年の主な論文、著書など

  • Aoki, S.; Richter, M. J.; DeWitt, C.; Boogert, A.; Encrenaz, T.; Sagawa, H.; Nakagawa, H.; Vandaele, A. C.; Giuranna, M.; Greathouse, T. K.; Fouchet, T.; Geminale, A.; Sindoni, G.; McKelvey, M.; Case, M.; Kasaba, Y. (2018), Stringent upper limit of CH4 on Mars based on SOFIA/EXES observations, Astronomy & Astrophysics, Volume 610, id.A78, 9 pp.
  • Peralta, J.; Hueso, R.; Sanchez-Lavega, A.; Lee, Y. J.; Munoz, A. Garcia; Kouyama, T.; Sagawa, H.; Sato, T. M.; Piccioni, G.; Tellmann, S.; Imamura, T.; Satoh, T. (2017), Stationary waves and slowly moving features in the night upper clouds of Venus, Nature Astronomy, Volume 1, id. 0187.
  • Encrenaz, T.; Greathouse, T. K.; Richter, M. J.; DeWitt, C.; Widemann, T.; Bezard, B.; Fouchet, T.; Atreya, S. K.; Sagawa, H. (2016), HDO and SO2 thermal mapping on Venus. III. Short-term and long-term variations between 2012 and 2016, Astronomy & Astrophysics, Volume 595, id.A74, 15 pp.
  • Lee, Y. J.; Sagawa, H.; Haus, R.; Stefani, S.; Imamura, T.; Titov, D. V.; Piccioni, G. (2016), Sensitivity of net thermal flux to the abundance of trace gases in the lower atmosphere of Venus, Journal of Geophysical Research: Planets 121, pp. 1737-1752.
  • 佐川 英夫 (2017),アルマ望遠鏡による太陽系研究,天文月報, 110号, 317-324.

過去3か年の教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  • Sagawa, H. (2018), Observation of Venus atmosphere in coordination with Akatsuki Venus orbiter, JCMT Users Meeting 2018, Seoul, South Korea.
  • Sagawa, H.; Takagi, M.; Maezawa, H.; Saigo, K. (2017), Venus upper atmospheric dynamics inferred from the Doppler-shift observations of submm CO line: Comparison with GCM experiments, European Planetary Science Congress 2017, Riga Latvia, id. EPSC2017-303, Riga, Latvia.
  • Sagawa, H.; Hamano, S.; Kawakita, H.; Ikeda, Y.; Otsubo, S.; Lee, Y. J. (2016), High dispersion spectroscopy of Venus at 1.0 micron using WINERED at Koyama Astronomical Observatory, DPS meeting 48, id.216.14, Pasadena, US.
  • 佐川 英夫, 前澤 裕之, 西合 一矢, 青木 翔平, 中川 広務 (2016), ALMAを利用した金星大気力学および大気化学の研究, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 千葉.
PAGE TOP