教授 河北 秀世(カワキタ ヒデヨ)

担当する領域科目名 天文学
研究テーマ 銀河系の化学進化、太陽系の起源
取得学位 博士(理学)
研究分野を表すキーワード 天文学、惑星科学、太陽系、彗星
研究室電話番号 075-705-1612
e-mail 非公開

研究の概要

 私たちの太陽系は約46億年前にガスと塵からなる分子雲から誕生したと考えられている。また、私たちの太陽系以外にも、多くの星・惑星系が発見されており、以前考えられていたよりもずっと多くの惑星が宇宙には存在している。しかし、こうした星・惑星系の誕生と進化については、まだ十分に解明されたとは言いがたい。どのような条件で、どのような惑星系が誕生するのだろうか。そうした基本的なことも明らかになっていない。なかでも太陽系は、私たちに最も身近にあり、詳細に観測することができる対象である。しかし、私たちの太陽系は誕生以来46億年を経過している。太陽系誕生当時の環境を如何にして調べればいいのであろうか。そのために重要な天体が「始原天体」と呼ばれる、過去46億年にわたってほとんど変化を受けていない小天体である。特に、氷と塵からなる、始原天体、「彗星」、に焦点を当てて研究を行っている。彗星には、太陽系誕生当時に存在していた氷や塵が含まれており、その組成などを調べることで、太陽系誕生の母体となった分子雲の温度など様々な情報が得られる。また、私たちの太陽系の起源物質として、新星爆発によって放出される各種元素にも注目しており、元素の同位体比に着目した観測的研究も推進している。

過去3か年の主な論文、著書など

  1. Kawakita et al., “Mid-infrared Spectroscopic Observations of the Dust-forming Classical Nova V2676 Oph”, Astronomical Journal, 153, id. 74, 2017.
  2. Kawakita et al., “The evolution of photospheric temperature in nova V2676 Oph toward the formation of C2 and CN during its near-maximum phase”, Pub. Astron. Soc. Japan, 68, id. 87, 2016.
  3. Kawakita et al., “Formation of C2 and CN in nova V2676Oph around its visual brightness maximum”, Pub. Astron. Soc. Japan, 62, id. 17, 2015.
  4. Shinnaka, Kawakita, Kobayashi, Nagashima, Boice, “14NH2/15NH2 Ratio in Comet C/2012 S1 (ISON) Observed during its Outburst in 2013 November”, Astrophysical Journal, 782, L16-L19, 2014.
  5. Nagashima, Arai, Kajikawa, Kawakita, Kitao, Arasaki, Taguchi, Ikeda, “The Transient Molecular Envelope in the Outflow of the Nova V2676 Oph during its Early Phase”, Astrophysical Journal, 780, L26-L29, 2014.
  6. Shinnaka, Kawakita, Kobayashi, Naka, Arai, Arasaki, Kitao, Taguchi, Ikeda, “Optical low-dispersion spectroscopic observations of Comet 103P/Hartley 2 at Koyama Astronomical Observatory during the EPOXI flyby”, Icarus, 222, 734-737, 2013.
  7. Kawakita et al., "Parent volatiles in Comet 103P/Hartley 2 observed by Keck II with NIRSPEC during the 2010 apparition", Icarus, 222, pp.723-733, 2013.

過去3か年の教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  1. Kawakita et al., "Search for CH3D in Comets with NIRSPEC/Keck II: D/H Ratios in Methane", DPS of American Astronomical Society, 49th Meeting, 414.13 (poster), 2017.
  2. Kawakita, et al., “Survey for Ortho-to-Para Abundance Ratios (OPRs) of NH2 in Comets: Revisit to the Meaning of OPRs of Cometary Volatiles”, DPS of American Astronomial Society, 48th Meeting, 330.03 (poster), 2016.
  3. Kawakita, “Dust grains in the molecular forming Nova V2676 Oph”, The Golden Age of Cataclysmic Variables and Related Objects III (held in Palermo, Italy), invited talk, 2015.
  4. Kawakita et al., "Molecular Formation in Classical Novae: The Case of V2676 Oph", The Physics of Evolved Stars (held in Nice, France), poster, 2015.
  5. Kawakita et al., "High-resolution spectroscopy of the CN red system in comet C/2013 R1 (Lovejoy) using WINERED at Koyama Astronomical Observatory", DPS of American Astronomical Society, 47th Meeting, 415.15 (poster), 2015.
  6. Kawakita et al., "High Resolution Near-Infrared Spectroscopy of Comet C/2013 R1 (Lovejoy) using WINERED at Koyama Astronomical Observatory", DPS of American Astronomical Society, 46th Meeting, 209.16 (poster), 2014.
  7. Kawakita et al., "Hyper-volatiles in Comet C/2010 G2 (Hill)", DPS of American Astronomical Society, 45th Meeting, 413.27 (poster), 2013.
PAGE TOP