研究科長メッセージ

新しい知識とスキルのグレードアップを

大学院というと、多くの人は自分とは関係ないところだと思うでしょう。しかし、大学院というのは、研究者だけを養成する機関では御座いません。現在の仕事をより体系的に理解・分析し、課題を見出し、解決するための工夫や方策を練るための思考・論理回路を学び、身につける過程として大学院を位置付けることも可能でしょう。また、これまでの仕事や課業をもう一度冷静に診断し、その意味と今後を考えるための洞察力を持つために大学院を考えることもできます。さらに、現在の仕事やご自身のレベルをアップグレードさせる機会に捉えることも良いでしょう。
本大学院では、そうした様々なニーズに答え、これからの社会でより有益な働き方をするために必要とされる、マネジメント感覚を有する高度専門職業人としての基礎となる豊かな学識を身につけるための課程を用意しております。アカウンティング、財務分析、マーケティング、人的資源管理、戦略論、組織論、イノベーション論、製品開発論、ソーシャルビジネス論、国際経営論、ベンチャー企業論等など。これらの分野は、大企業だけに当てはまるものでもなく、中小企業や個人事業、事務所、病院、学校、NPO法人など、様々な形態の組織体や事業体にも応用できるものです。
素早い変化を遂げている実社会。グローバル化、AI、SNS、ビックデータ、少子高齢化、国際基準など、これらの言葉は単に言葉として終わるものではなく、社会の様々な組織、それを構成する個人などにも大きな影響を与えるものです。不確実性の時代、想定外の時代、複雑性の時代に、自分の能力をグレードアップし、より豊かな人生と仕事の経験を積んで行きたい、高い意欲と挑戦意識に満ちた方を心より歓迎致します。

大学院マネジメント研究科長 具  承桓(ぐ すんふぁん)

PAGE TOP