教授 植木 真理子(ウエキ マリコ)

担当する領域科目名 国際経営
研究テーマ グローバル企業における知の創造と組織間移転
取得学位 横浜国立大学 博士(学術)
研究分野を表すキーワード 知識創造マネジメント、日米比較研究
研究室電話番号 非公開
e-mail 非公開

研究の概要

 現代の企業経営において,知識が競争優位の源泉となり,顧客や現場の情報と知識を組織知として共有し,付加価値を創出するという知識創造のマネジメントが重要となってきている。
 多国籍企業はグローバル競争にさらされる中,多くの有能な知識や情報を駆使することにより新たな知識創造を図り,それらをグローバルに活用している。
 本研究では,日米企業の知識創造,組織間学習や人材育成の実態を比較し,知識創造を促進する組織および異文化間の知識の移転,人材マネジメントのあり方を検討する。

主な論文、著書など

  1. “The International Deployment of R&D Organization and the Collaborative knowledge Creation: Case Studies of Nissan in China and Brazil,”(共著)『東京経済大学誌 経営学』第292号,53-64頁。
  2. 植木真理子「トヨタ:実践知を協創するトヨタウェイの国際展開」植木英雄編『経営を革新するナレッジ・マネジメント―ケースに学ぶ実践知の協創』第4章、中央経済社、2013年。
  3. 「多国籍企業と知識創造論の系譜と展望」林倬史、古井仁編『多国籍企業とグローバルビジネス』第4章、税務経理協会、2012年。
  4. 『知を創造する経営―日米主要企業の実態の解明―』(共著)文眞堂、2011年。
  5. ”A comparative study of enablers of knowledge creation in Japan and US-based firms,”(共著)Asian Business & Management, 2011, Macmillan Publishers Ltd., Vol. 10, 1, pp.113-132.
  6. 「ダイナミックな場が知を創造する」(共著)日本ナレッジ・マネジメント学会編『「型」と「場」のマネジメント』第6章,かんき出版,2008年。
  7. 「グローバル戦略」京都産業大学経営学部編『マネジメントを学ぶ』第4章,ミネルヴァ書房,2008年。
  8. 「日米自動車企業における知の創造マネジメント」『国際ビジネス研究学会年報』(第13号),2007年,83-95頁。
  9. 「経営の国際化と組織学習」佐々木利廣編『チャレンジ精神の源流―プロジェクトXの経営学―』第5章,ミネルヴァ書房,2007年。
  10. 「日米自動車企業にみるナレッジ・マネジメントの展開―SCMとナレッジ・マネジメントの融合化の実践と課題―」(共著)『東経大学誌―経営学―』244号,2005年,3-17頁。
  11. 「経営のグローバル化と人材育成」石井脩二編『人的資源を活かせるか・3―知識創造型の人材育成―』第11章,中央経済社,2003年。
  12. 「経営技術の国際移転と人材育成―日タイ合弁自動車企業の実証分析―』文眞堂,2002年。
  13. 「日タイ合弁自動車企業の戦略転換と人材育成」『日本労務学会誌』(第3巻第1号),2001年,31-40頁。

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  1. “The International Deployment of R&D Organization and the Collaborative knowledge Creation: Case Studies of Nissan in China and Brazil,” (Joint Work) IFSAM 2016, 13th World Congress in Mexico, 2016.
  2. 国際ビジネス研究学会第22回全国大会報告「中国日系自動車企業における開発知の移転と協創」(共同研究報告)2015年。
  3. “Knowledge Transfer and Development of R&D Organization: The Study of Japanese Automotive JVC in China,” (Joint Work) IFSAM 2014 World Congress in Tokyo, September, 2014.
  4. 東アジア経営学会国際連合(IFEAMA)第11回南京大会報告「日中合弁自動車企業におけるR&Dの現地化と知の移転」(共同研究報告)、2012年。
  5. “Enabling Knowledge Creation in Japanese and U.S. Companies,” (joint work) Association of Japanese Business Studies 21st Annual Conference, BocconiUniversity, Milan, June 30, 2008.
  6. 日本経営学会第81回大会報告「経営理念・ビジョンの共有と知の創造―日米企業の実態調査分析―」(共同研究報告)、2007年。
  7. 国際ビジネス研究学会第13回大会報告「日米自動車企業のナレッジ・マネジメント」(共同研究報告)、2006年。
  8. 日本労務学会第36回全国大会報告「知の創造と人材育成―日米自動車企業の比較分析―」(共同研究報告)、2006年。
  9. 国際ビジネス研究学会第12回大会報告「日米企業における知の創造マネジメント―調査研究のフレームワークと仮説―」(共同研究報告)、2005年。
  10. 組織学会年次大会報告「日米自動車企業にみるナレッジ・マネジメントの展開」(共同研究報告)、2004年。
  11. 日本経営学会第75回大会報告「海外合弁事業における知の創造組織化と課題」,2001年。
  12. 国際ビジネス研究学会第7 回全国大会報告「日タイ合弁自動車企業における現地管理者の人材育成と職務満足度―参画型の知の創造組織化をめざして―」,2000年。
  13. アジア経営学会第7回大会報告「日タイ合弁自動車企業の市場戦略と経営技術移転―タイ人中間管理者の日本型経営の受容と課題―」,2000年。
PAGE TOP