教授 中田 謙司(ナカダ ケンジ)

担当する領域科目名 税務会計
研究テーマ 世界の中の日本、成長を続けるためのあるべき税制を探る
取得学位 ニューヨーク大学経営学修士(租税学)
研究分野を表すキーワード 会計上の利益概念、税務上の課税所得概念
研究室電話番号 075-705-1743
e-mail

研究の概要

世界先進各国の租税制度を歴史・文化・社会・政治・経済的側面から検討し、日本のあるべき将来の租税制度を考えます。租税制度は租税法・経済学・財政学その他いろいろなレベルの学問から議論されています。しかしながら、会計上の利益概念と税務上の所得概念を比較検討し、実際の課税所得の計算、税務申告、税金の支払額の確定がどのように行われているのかを知ることがまず基本です。実学としての租税論を考えます。

主な論文、著書など

(主要論文)

「配当を促進する税制改革のあり方」(2014年)企業会計 Vol.66 No.8 中央経済社

(主要著書)

『国際税務入門』(2006年第2版:共著)日本経済新聞社

『大人読本;税金を払おう』(1999年)日本経済新聞社:((財)租税資料館賞受賞)

『租税条約の読み方』(1994年)中央経済社:(日本公認会計士協会学術賞受賞)

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

平成24年度京都産業大学経営学部に赴任するまで、33年間米国の会計事務所・投資銀行に勤務。

PAGE TOP