准教授 箕輪 雅美(ミノワ マサミ)

担当する領域科目名 経営戦略論
研究テーマ 競争優位の源泉としてのビジネスモデル
取得学位 青山学院大学 国際経営学修士
研究分野を表すキーワード 経営学、経営戦略、競争戦略
研究室電話番号 075-705-1809
e-mail 非公開

研究の概要

 みなさんも、昨今、新聞や雑誌でビジネスモデルという言葉を目にすることが多くなってきたのではないでしょうか。私の研究テーマは、このビジネスモデルが企業の競争優位の構築にどのような影響を与えるのかということです。これまで経営戦略の分野においては、個々の経営資源の特徴や、それらが競争優位に与える影響については多くの研究がなされてきました。しかし、個々の資源間の関係を分析し、それらをシステムとして捉えるという側面については必ずしも十分な研究がなされてきたとは言えません。私の研究の目標は、経営戦略論におけるこの空白を埋めることにささやかな貢献をすることです。
 現在、研究を進めている具体的なテーマは、「ジャニーズ事務所」、「少年ジャンプ」、「劇団四季」のビジネスモデルの解明です。この研究を通じて、水物と言われ、一般に不確実性が高いとされる業界で、長年にわたりコンスタントにヒットを飛ばし続ける上記の組織の秘密を明らかにしたいと考えています。

主な論文、著書など

2003年12月(論文)「競争戦略論の断層〜positioning school とresource based view の存在論的、認識論的対立〜」『京都マネジメントレビュー』
2000年12月(論文)「競争優位の源泉としてのビジネスモデルの革新−電通創業時の事例から−」『経済と経済学』
1999年12月(論文)「企業成長論としてのリソースベースドビューの限界と可能性」『経済と経済学』

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

2001年6月(学会報告)「事業創造と組織境界のダイナミクス:希少資源アプローチ」
(2001年度組織学会研究発表大会、香川大学)

PAGE TOP