准教授 井村 直恵(イムラ ナオエ)

担当する領域科目名 製品開発
研究テーマ デザイン・マネジメント、事業リスクマネジメント
取得学位 京都大学 博士(経済学)
研究分野を表すキーワード 経営戦略論・組織論
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

主として3つの関心分野を持って研究しています。
1)デザイン・マネジメント
 日本には国際的に高い評価を受ける建築家が多くいるにも関わらず、国際的に著名な工業デザイナーやデザイン的な評価が高い製品が数少ないのはなぜか。この疑問に答えるためには、製品開発を単にイノベーションと捉えるのではなく、違う分析軸が必要になります。感性を生かしたデザインのマネジメントがうまくできる会社、デザイン・マネジメントの得意な国の特性等に関心を持っています。
2)リスク・マネジメント
 2000年以降、日本企業におけるリコール事案や不祥事、企業の倒産件数等、企業が様々なリスクのコントロールに失敗した事により、大きな問題を抱えるケースが増加しています。リスクの発生事案に早い段階で企業が気づく事が出来れば、大きな不祥事に発展したり、大規模なリコール事件に発展することが避けられるのではないでしょうか。リスク事案の発生に早期に気づく組織をいかにしてつくる事が出来るか、複数企業の方々と共に考えるプロジェクトを遂行しています。
3)地域資源開発経営
 10年以上にわたって継続的に、京都市中心部にある「京の台所」として知られる錦市場の参与観察を実施しています。地域資源経営という視点から、時代の波を乗り越える事が出来る組織体の特性を、錦市場及び全国の歴史的商店街の比較研究を実施しています。

主な論文、著書など

  1. “Organizational Factors for Product Quality Risk Management: Comparative Studies of Panasonic and Sanyo”,IFSAM 2010
  2. “The Nation-state Influence on the Managerial Practice: Japan and Taiwan”,AJBS 2009
  3. “Corporate Recovery in Asia: The Characteristics of Japanese and Taiwan”,AJBS 2008

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  1. “Comparisons of Corporate Recovery Process in the East Asia”IFSAM 2008
  2. “Current Japanese Management Style”, JETRO Copenhagen<招待講演>

特記事項

  1. 京都市大規模小売店立地審議会委員(2004年〜2007年)
  2. 京都最低賃金審議会委員(2005年〜2007年,2009年〜現在)
  3. 科学研究費基盤(B)「事業リスクの認識と戦略行動の方法論的再検討と国際比較」研究代表者(2009年度−2012年度)
  4. 科学研究費基盤(C)「北欧デザイン産業における競争力構築と知識移転のダイナミズムの実証研究」研究代表者(2008年度−2010年度)
  5. 科学研究費挑戦的萌芽研究「美しさを競争力とするデザインマネジメントの国際比較―知識ダイナミズムと文化的影響」研究代表者(2012年度−2014年度)
PAGE TOP