教授 秋山 豊和(アキヤマ トヨカズ)

担当する領域科目名 分散システム
研究テーマ 分散システムの構築・運用・セキュリティ技術に関する研究
取得学位 大阪大学 博士(工学)
研究分野を表すキーワード ネットワーク、セキュリティ
研究室電話番号 075-705-1531
e-mail 秋山 豊和のメールアドレス

研究の概要

 インターネットの発展に伴い、クラウドコンピューティングのように、複雑な処理を必要とする高度なアプリケーションの多くがネットワークを経由して提供されるようになっている。また、これらのアプリケーションのうち多くは、複数の計算機を利用した大規模計算やマルチテナントを考慮した複雑なセキュリティ対応などが要求される。その結果、これらのアプリケーションの構築や運用は日々複雑さを増している。新たなアプリケーションの開発には、既存のミドルウェアの組み合わせによる迅速な開発を実現するための知識、そしてブラックボックス化するネットワークやサーバなどの仮想化インフラ、アプリケーションフレームワークなどの特性を分析し、安定運用する技術が必要となる。ミドルウェアの複雑化は運用コストやセキュリティリスクを増大させ、逆に単純すぎるミドルウェアはユーザ要求を満たせない。これら対立する要求に対して実用的なバランスを実現するため、様々なアプリケーションの構築を通してインターネットミドルウェア技術の調査を行なっている。

過去3か年の主な論文、著書など

  1. Toyokazu Akiyama, Shuuichirou Murata, Kiichi Tsuchiya, Teruaki Yokoyama, Martino Maggio, Giuseppe Ciulla, Juan Ramón Santana, Mengxuan Zhao, Jander Botelho Do Nascimento and Levent Gürgen, “FESTIVAL: Design and Implementation of federated interoperable Smart ICT services development and testing platform,” Journal of Information Processing, vol.25, pp. 278-287 (Mar. 2017).
  2. Shoko Wakamiya, Hiroshi Kawasaki, Yukiko Kawai, Adam Jatowt, Eiji Aramaki and Toyokazu Akiyama, “Let’s not stare at smartphones while walking: memorable route recommendation by detecting effective landmarks,” Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pp. 1136-1146 (Sep. 2016).
  3. Toyokazu Akiyama, Yuuichi Teranishi, Ryohei Banno, Katsuyoshi Iida and Yukiko Kawai, “Scalable Pub/Sub system using OpenFlow Control,” Journal of Information Processing, vol.24, no.4, pp.635-646 (Jul. 2016).
  4. Takuya Omizo, Takuma Watanabe, Toyokazu Akiyama and Katsuyoshi Iida, “ResilientFlow: Deployments of Distributed Control Channel Maintenance Modules to Recover SDN from Unexpected Failures,” IEICE Trans. Commun., Special Section on Internet Architectures and Management Methods that Enable Flexible and Secure Deployment of Network Services, vol. E99-B, no. 5, pp.1041-1053 (May 2016).
  5. Shoko Wakamiya, Adam Jatowt, Yukiko Kawai and Toyokazu Akiyama, "Analyzing Global and Pairwise Collective Spatial Attention for Geo-social Event Detection in Microblogs," In Proc. of the 25th International World Wide Web Conference (WWW 2016), pp. 263-266, ACM Press, Montreal, Canada (Apr. 2016).
  6. Yuuichi Teranishi, Ryohei Banno and Toyokazu Akiyama, “Scalable and Locality-Aware Distributed Topic-based Pub/Sub Messaging for IoT,” Proc. of 2015 IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2015): Selected Areas in Communications: P2P Networking (Dec. 2015).
  7. Émilien Antoine, Adam Jatowt, Shoko Wakamiya, Yukiko Kawai and Toyokazu Akiyama, “Portraying Collective Spatial Attention in Twitter,” Proc. of the 21st ACM SIGKDD Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (KDD 2015) (Aug. 2015).

特記事項

日本学術振興会産学協力研究委員会インターネット技術第163委員会 副委員長
サイバー関西プロジェクト幹事
出身高校:大阪府立三国丘高校
好きなもの:ラーメン

PAGE TOP