研究科長メッセージ

京都産業大学 大学院
工学研究科長

寺地 徹

 

急速な発展を遂げている「生物工学」の分野で、新しい道を切り拓く力を養う

本研究科は、「生物工学」という、時代の最先端分野で構成されています。 この分野は急速な発展を遂げているため、今身に付けた知識も、5年後には色あせてしまいます。 そこで、生物工学の基礎となる学問や実験手法をしっかり学んだうえで、その知識や技術を社会で活かす、応用力を磨くことを目指します。新分野を切り拓こうとする人材の育成が本研究科の大きな目標です。

本研究科は他に類を見ない研究設備と、人数・レベルともに充実した教授陣を揃え、1対1を基本とした研究指導を実践しています。 座学での知識を自分のものとするために、教員と共に研究計画を立て、それに基づき日々実験・演習が行われています。 結果を振り返りながら次の段階へと進みます。

興味を持って積極的に取り組むことで身につく研究力は、将来どのような分野においても活かされるでしょう。

PAGE TOP