助教 上田 昌史(ウエダ マサシ)

担当する領域科目名 情報経済学
研究テーマ ネットワーク産業の社会・経済分析、プラットフォーム財の経済分析
取得学位 京都大学 修士(情報学)
研究分野を表すキーワード 産業組織論、ネットワーク経済学、プラットフォーム財の分析、配信ビジネス
研究室電話番号 非公開
e-mail 非公開

研究の概要

 現代の情報化社会は、私たちの経済や生活にさまざまな影響を与えている。情報化が進む中、法律の整備や市場構造のあり方など、公共政策も変えていく必要がある。望ましい情報制度のあり方、特に、情報通信産業のようなネットワーク産業が市場にどのような影響を与えるか、また、その競争環境をどのようにすれば市場がうまく機能するかを研究しています。

主な論文、著書など

  1. 上田昌史 (2013)「行動科学から見た情報セキュリティとプライバシーに関する研究について」電子情報通信学会誌, 96(8), pp.656-661.
  2. 大橋弘, 泉克幸, 田中辰雄, 上田昌史et al.(2013)「電子書籍市場の動向について」CPRC共同研究報告書, CR13(01), 156.

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  1. Masashi Ueda (2014), ‘What they need for smart phone -a survey on Japanese younger generation’, The 8th International Conference on ICT Policy.
  2. Masashi Ueda, Yousin Park, and Yunju Chen (2013), ‘A Study on Diffusion of e-Book - Contents Aggregation and Battle of Bargaining Power’ International Telecommunications Society 6th Africa-Asia-Australasia Regional Conference.
PAGE TOP