准教授 関田 静香(セキタ シズカ)

担当する領域科目名 日本経済論
研究テーマ 家計行動の実証分析
取得学位 大阪大学 博士(応用経済学)
研究分野を表すキーワード 貯蓄、借入、資産選択、金融リテラシー
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

 貯蓄・借入・資産選択行動を中心として、その決定要因について実証分析を行ってきました。
 マイクロデータを用いて、様々な家計行動の要因を分析し、人々がより豊かになれるよう政策提言を行っていきたいと考えています。

主な論文、著書など

  • 小川一夫、関田静香(2015)「年金制度改正と老後不安:家計のミクロデータによる分析」『季刊社会保障研究』第51巻、第1号、pp. 86-98.
  • Sekita, Shizuka (2013) “Financial Literacy and Wealth Accumulation: Evidence from Japan,” 京都産業大学経済学部ディスカッションペーパー No. 2013-1.
  • Sekita, Shizuka (2011) “Financial Literacy and Retirement Planning in Japan” Journal of Pension Economics and Finance, vol. 10, pp. 637-656.
  • Horioka, Charles Yuji and Sekita, Shizuka (2011) “The Degree of Judicial Enforcement and Credit Markets: Evidence from Japanese Household Panel Data,” International Review of Finance, vol. 11, pp. 245-268.
  • Sekita, Shizuka (2010) “The Small Saving Tax Exemption and Japanese Household Asset Allocation Behavior: Impact of the 1988 and 2006 Revisions,” Japanese Economy, vol. 37, pp. 79-110.
  • 関田静香(2009)「利子所得・配当所得・株式等の譲渡所得の実効税率の計測」『経済研究』第182号、pp. 107-128.
  • 関田静香(2007)「マル優制度と家計の資産選択」『金融経済研究』第24号、pp. 26-48.
  • Horioka, Charles Yuji and Sekita, Shizuka (2007) “Tax Reform in Japan: The Case of Personal Taxes,” Japan and the World Economy, vol. 19, pp. 380-392.
  • チャールズ・ユウジ・ホリオカ、関田静香(2004)「景気対策・年金改革と消費税」(財)統計研究会機関誌『ECO-FORUM』23巻1号、pp. 26-36.

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

  • Sekita, Shizuka (2015) Country Presentation: First Multipartite Regional Meeting on the Financial Security of Older Women in East and Southeast Asia, Singapore
  • 関田静香(2013)”Financial Literacy and Wealth Accumulation: Evidence from Japan” 日本経済学会秋季大会、神奈川大学
  • Sekita, Shizuka (2012) “Risk Aversion and the Timing of Marriage: Evidence from Japan” Population Association of America, San Francisco(アメリカ)
  • 関田静香(2012)“リスク回避度と結婚のタイミング” 日本経済学会秋季大会、九州産業大学
  • Sekita, Shizuka (2011) “Financial Literacy and Retirement Planning in Japan”Local Seminar, University of Pisa (イタリア)
  • Sekita, Shizuka (2011) “Financial Literacy and Retirement Planning in Japan”Local Seminar, Groupe d’Analyse et de Theorie Economique (フランス)
  • 関田静香 (2010) “Financial Literacy and Retirement Planning in Japan” 第10回パネル調査・カンファレンス、(財)家計経済研究所
  • Sekita, Shizuka (2010) “Financial Literacy and Retirement Planning in Japan,” Workshop: Financial Literacy around the World, Center for Research on Pensions and Welafare Policies、招待講演(イタリア)
  • 関田静香(2010)「金融リテラシーと危険資産保有:「くらしの好みと満足度アンケート」2009年度日本調査を用いた分析」日本経済学会秋季大会、関西学院大学
  • 関田静香(2010)「金融リテラシーと危険資産保有:「くらしの好みと満足度アンケート」2009年度日本調査を用いた分析」日本応用経済学会春季大会、西南学院大学
  • 小川一夫、関田静香(2010)「年金制度と老後不安:家計のミクロデータによる分析」社会保障の給付と財政の在り方に関する研究会、国立社会保障・人口問題研究所
  • Sekita, Shizuka (2008) “Are Fast Court Proceedings Good or Bad?: Evidence from Japanese Household Panel Data,” Local Seminar, Groupe d’Analyse et de Theorie Economique(フランス)
  • Sekita, Shizuka (2008) “Legal Enforcement, Credit Constraints, and Debt,” Local Seminar, Ohio State University (アメリカ)
  • 関田静香(2007)”Depositors’ Discipline by Households and Revisions of the Deposit Insurance System: Evidence from Japanese Household Data”『理論・計量経済学セミナー』大阪府立大学
  • 関田静香(2006)”Depositors’ Discipline by Households and Revisions of the Deposit Insurance System: Evidence from Japanese Household Data”『公共経済学セミナー』慶応義塾大学
  • 関田静香(2005)「家計による預金者規律の存在と預金保険制度変更の影響」『日本経済国際共同研究センター、東京経済研究所(CIRJE-TCER)第7回マクロコンファレンス』京都大学
  • 関田静香(2005)「家計による預金者規律は存在するのか?」『日本経済学会秋季大会』中央大学
  • 関田静香(2004)「マル優制度と家計の資産選択―「貯蓄動向調査」年齢階級別データによる分析―」『日本経済学会秋季大会』岡山大学
PAGE TOP