准教授 坂井 功治(サカイ コウジ)

担当する領域科目名 金融論
研究テーマ 企業金融、金融機関、金融市場に関する実証研究
取得学位 一橋大学 博士(経済学)
研究分野を表すキーワード 金融システム、金融機関、金融市場
研究室電話番号 075-705-3032
e-mail

研究の概要

 金融システム(金融機関および金融市場)の主要な機能のひとつは、資金を資金余剰主体から資金不足主体へと安定的かつ効率的に配分し、実体経済における経済活動を円滑に機能させることにある。これまでの研究では、金融システムの安定性と効率性、およびその実体経済への影響という観点から、(1)貸出市場における資金配分の効率性、(2)企業の資金制約と実体経済への影響、(3)貸出市場に対する政府介入の効果、(4)銀行産業における再編・統合の要因と効果、(5)企業の資金調達行動の規則性、(6)貸出市場における担保の役割、(7)銀行の価格設定行動の規則性、といったテーマについて実証分析を行ってきた。現在の研究の中心テーマは、金融市場の資金再配分と景気変動に関する実証分析である。

主な論文、著書など

  1. "The Effects of Collateral on Firm Performance," Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 26 (1), pp. 84-109, 2012. (with A. Ono, I. Uesugi)
  2. 「金融市場の資金再配分」『会計検査研究』第44号, pp. 55-71, 2011年.
  3. "The Effectiveness of Public Credit Guarantees in the Japanese Loan Market,"Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 24 (4), pp. 457-480, 2010.(with I. Uesugi, G. M. Yamashiro)
  4. "Firm Age and the Evolution of Borrowing Costs: Evidence from Japanese Small Firms," Journal of Banking and Finance, Vol. 34 (8), pp. 1970-1981, 2010. (with I. Uesugi, T. Watanabe)
  5. "The Firm as a Bundle of Barcodes," European Physical Journal B, Vol. 76 (4), pp.507-512, 2010. (with T. Watanabe)
  6. "Financing Behavior of Japanese Firms," Japanese Economy, Vol. 36 (4), pp. 3-30,2009.
  7. 「日本企業における資金調達行動」『経済分析』第182 号,pp.70-93,2009年.
  8. "Consolidation of Banks in Japan: Causes and Consequences," in T. Ito and A. K.Rose (eds.), Financial Sector Development in the Pacific Rim, NBER-EASE, Vol. 18,University of Chicago Press, pp.265-309, 2009. (with K. Tsuru, K. Hosono)
  9. 「企業規模分布の時間進化と資金制約」『日本経済研究』第57 号,pp.94-120,2007年.
  10. 「 メインバンク・ガバナンスと追い貸し」『経済研究』第56 巻,第2 号,pp.149-169, 2005年.(小幡績氏との共著)
PAGE TOP