教授 大川 良文(オオカワ ヨシフミ)

担当する領域科目名 国際経済論
研究テーマ 国際経済学、国際的な技術移転に関する理論研究
取得学位 神戸大学 博士(経済学)
研究分野を表すキーワード 国際技術伝播、南北貿易、多国籍企業、R&D活動の国際化
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

  1. 先進国から途上国への技術伝播に関連する政策がもたらす経済厚生効果の理論分析
     先進国で開発された技術は、国際貿易や先進国企業による直接投資を通じて途上国へと広まります。途上国は、経済発展のために先進国から技術を積極的に導入しようとする一方で、先進国企業は自らの技術優位を維持するために途上国企業への技術流出を防ぎたいと考えています。
     このような議論を前提に、私は途上国における知的所有権の強化や外資企業に対する技術移転要求など、先進国から途上国への技術伝播を促進または抑制する政策がもたらす経済効果を分析する理論モデルに関する研究を行っています。
  2. 多国籍企業によるR&D活動の国際化と政府による研究開発促進政策に関する理論分析
     近年、多国籍企業は生産拠点のみでなく研究開発(R&D)拠点も積極的に国外へ進出させています。これに対し、多国籍企業による生産拠点の国外進出に関する理論研究はこれまで数多く行われていますが、R&D拠点の国外進出に関する理論研究はまだそれほど行われていません。
     これを受けて、私は多国籍企業による国外R&D拠点の設立に関する理論モデルの構築と、それを用いた外国企業のR&D活動の誘致政策の経済効果に関する研究を行っています。

主な論文、著書など

翻訳書

2018年2月 『エコノミクス・ルール:憂鬱な科学の功罪』,白水社(共訳)

2014年1月 『グローバリゼーション・パラドクス:世界経済の未来を決める三つの道』,白水社(共訳)


論文

2017年3月「多国籍企業による垂直的技術移転と現地中間財企業との排他条件付取引契約選択の内生化」京都産業大学論集 社会科学系列 第34号 pp.75-104.

2011年11月 「企业间劳动转移伴随的技术流出的风险和跨国公司分公司的R&D投资」『経済経営リスクの中日比較』第12章 東北財経大学出版社

2010年10月 “Innovation, Imitation, and Intellectual Property Rights with International Capital Movement”, Review of International Economics Vol.18. Issue.5 pp.835-848

2010年4月 「外国企業のR&D活動誘致政策の経済分析」,地域学研究 第39巻 第4号 pp.823-837

2009年9月 「多国籍企業の中国におけるR&D活動とスピルオーバーの経済学」,『経済経営リスクの日中比較』第4章 サンライズ出版社

2008年4月 「途上国におけるR&D活動の国際化の決定:理論的枠組み」,彦根論叢 第372号 pp.119-140

2008年2月 “An Analysis of Income Distribution between the North and the South: The Grossman-Helpman and the Lai Results Re-examined”, Review of International Economics Vol.16 Issue.1 pp.159-172(共著)

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

「多国籍企業による垂直的技術移転と排他条件付取引契約に関する経済厚生分析」,日本国際経済学会第76回全国大会,2017年10月22日

「多国籍企業による垂直的技術移転と現地中間財企業との排他条件付取引契約選択の内生化」,日本国際経済学会関西支部研究会,2017年5月20日

“Multinational firms, exclusivity, and vertical technology transfer” 京都産業大学経済学部研究会 2016年9月1日

「グローバリゼーションの過去と未来:国家と民主主義に何ができるのか?」 滋賀大学経済学部フォーラム 2015年7月2日

“Technology Spillover, Absorption Capacity and Strategic R&D Location Decision by Multinational Firms”, 日本国際経済学会関西支部研究会, 2012年1月20日

「企業間労働移動に伴うスピルオーバー効果が存在するときの多国籍企業と現地企業による技術投資競争と経済厚生分析」,日本国際経済学会第70回全国大会,2011年10月23日

「多国籍企業の技術格差とR&D活動の国際化」日本地域学会第46回年次大会,2009年10月12日

「企業間労働移動に伴うスピルオーバー効果と多国籍企業と現地企業のR&D活動」,日本応用経済学会秋季大会,2009年9月26日

PAGE TOP