教授 岑 智偉(シン ジエ)

担当する領域科目名 中国経済論
研究テーマ 中国における財政政策と経済成長についての理論・実証的分析
取得学位 京都大学 博士(経済学)
研究分野を表すキーワード 長期経済成長、Rent-Seeking
研究室電話番号 非公開
e-mail

研究の概要

 この研究は中国経済を現実的背景として、現実経済の中で存在していると思われるRent-Seeking問題(公共経済学)をR&D 投資や公共支出による成長モデル(内生的成長論)に取り入れ、政府、国有(公的)企業、独占企業の経済成長に及ぼす影響を理論的・実証的に分析しているものである。この研究で展開される議論は以下の問題意識に基づいている。R&D投資や公共支出といった経済活動の中で、企業が市場の不完全性を利用して、政治的な手段(Rent-Seeking)で自分の目標を達成し利益を獲得しようとするとき、内生的成長論で考えているR&D 投資や公共支出の長期成長に対する効果は、必ずしも大きいものとは言えない。また、この場合、政府による租税や補助金政策が有効的に機能せず、更なる生産資源配分の歪みをもたらし、長期成長に悪い影響を与える可能性がある。このような問題は、現実経済の中で多かれ少なかれ、存在しているものと考えると、この研究からのメッセージは現実的な意味をもつものと思われよう。

主な論文、著書など

  1. 大坂仁・岑智偉「中国の労働移動に関する一考察−2002年世帯調査データによる実証分析−」『中国経済研究』第10巻第1号、pp.70-pp.81、2013年3月。
  2. 岑智偉「国際関係のカタストロフィー現象とその解釈」『京都産業大学世界問題研究所紀要』第28巻、pp.347-pp.358、2013年2月。
  3. 岑智偉「中国の経済成長の現状と課題」安田信之助編著『現代国際経済論』八千代出版、pp.63-pp.74、2012年11月。
  4. 岑智偉「中国の経済成長戦略とグローバル経済」木村雅昭/中谷真憲 編著『覇権以降の世界秩序』ミネルヴァ書房、pp.129-pp.137、2012年3月。
  5. 徐麗梅・岑智偉・王振「上海の不動産価格の変遷とその要因」ICSEAD 調査報告書11-02『中国都市部の不動産バブルの発生メカニズム』(財)国際東アジア研究センター、pp. 1-pp.17、2012年3月。
  6. 岑智偉「Rent−Seeking活動を伴う公的支出による成長モデル」『経済論叢』(京都大学)第185卷第1号、pp.61-pp.83、2011年1月。
  7. Zhiwei Cen and Junko Doi “ A Variety Expansion Model of Growth with Rent Seeking Activities ” ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化(第2巻)』京都産業大学、pp.41-pp.64、2008年3月。
  8. 岑智偉・鈴木博人「中国地域経済発展における税効果」ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化(第2巻)』京都産業大学、pp.65-pp.93、2008年3月。
  9. Kota Sugahara, Zhiwei Cen and Junko Doi “ Are they keeping up with Tokyo? ” Faculty of Economics, Kyoto Sangyo University DISCUSSION PAPER SERIES 2008-4、pp. 1-pp.26、2008年4月。
  10. 岑智偉「中国公共支出と経済成長に関する理論分析」ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化』京都産業大学、pp.115-pp.149、2006年3月。
  11. 岑智偉「直接投資による中国経済発展への効果」京都産業大学ORC中国経済プロジェクト編『中国経済の市場化・グローバル化』晃洋書房、pp.169-pp.221、2006年12月。
  12. 岑智偉「中国公共支出と経済成長に関する理論分析」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-09、pp.1-pp.34、2005年3月。
  13. 岑智偉「レント・シンキングを伴う中国のR&D投資と長期成長」『京都産業大学論集』(社会科学系列)第21号、pp.105-pp.136、2004年3月。
  14. 岑智偉「Rent-Seeking を伴う長期成長の可能性と経済政策効果 」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-05、pp.1-pp.50、2003年3月。
  15. 岑智偉(翻訳)「規模の経済、不完全競争と国際貿易」吉田和男監訳『クルーグマン国際経済学』(第6章)エコノミスト社、pp.155−pp.207、2002年3月。
  16. 岑智偉「Rent-Seekingを伴う中国のR&D投資と長期成長」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-01、pp.1-pp.36、2004年2月。
  17. 岑智偉「予測し難い中国経済―中国経済成長の持続可能性を中心に」吉田和男編『日本経済再生の条件』シュプリンガー・フェアラーク東京、pp.196-pp.210、2002年12月。
  18. 岑智偉・吉田和男「Rent-Seeking、R&Dと長期持続経済成長−「余裕」活動を伴う1部門R&D成長モデル」Working Paper No.J-11, Faculty of Economics, Kyoto University、1999年。
  19. 岑智偉「Rent-Seeking、公的支出と長期持続経済成長−「余裕」活動を公的支出による成長モデル」Discussion Paper No.980102, 立命館DPシリーズ、1999年。

教員および院生の活動記録(学会および研究会などでの発表)

学会発表

  1. “Regional Disparity and Labor Migration in China”(with Junko Doi) The 27th ERC and KITAN International Symposium, October 27th (Sat.) 2012 (Conference Hall, Bunkeisogokan, Nagoya University).
  2. 「中国労働移動に関する一考察:2002 年家計調査データによる実証分析」(with Hitoshi Osaka) 中日国際学術シンポジュウム:中国経済転換と中日貿易関係 (中国経済学会・黒竜江大学共催、開催地:中国黒竜江大学)、2012年9月8日。
  3. 「中国の「灰色収入」の計測について」2012年中国経済学会第11回全国大学(立正大学大崎校舎)、2012年6月23日。
  4. 「中国労働市場における職業分離と賃金格差」2012年中国経済学会第11回全国大学(立正大学大崎校舎)、2012年6月23日。
  5. “Influence of Zero-Sum versus Non-Zero-Sum Life Aspirations on Wellbeing of Tertiary Students in Japan and Singapore ” (with Ho Kong Weng, Kota Sugahara, Tadashi Fukui, Junko Doi), Singapore Economic Review Conferences, 4-6 August 2011(Mandarin Orchard Singapore)
  6. “Human Capital Agglomeration and Regional Disparity in Economic Growth (revision)”, International Workshop on Inequality and Low Carbon Economy, 21-22 December 2010 (Nanyang Technological University, Singapore)
  7. “Human Capital Agglomeration and Regional Disparity in Economic Growth”, International Workshop on Income Inequality:A Threat to a Globalizing Economy, 10-12 April 2010(Kyoto Sangyo University, Japan) .
  8. “A Variety Expansion Model of Growth with Rent Seeking Activities(revision)” (with Junko Doi), 2008年度アジア政治経済学会西日本大会(桃山学院大学)、2008年6月28日。
  9. “A Variety Expansion Model with Rent Seeking Activities” (with Junko Doi), 2005日本経済学会春季大会(京都産業大学)、2005年6月4日。
  10. 「Rent-Seekingを伴う中国R&D投資と長期成長」2004年度中国経済学会全国大会(桃山学院大学)、2004年6月19日。
  11. 「Rent-Seeking、公支出と長期成長」2003年度中国経済学会全国大会(東京経済大学)、2003年6月21日。
  12. 「Rent-Seeking、R&Dと長期持続経済成長−「余裕」活動を伴う1部門R&D成長モデル」、東アジア経済学会、1999年。
PAGE TOP