「社会人基礎力を育成する授業30選」に2科目が受賞!

本学のキャリア形成支援プログラムのうち、企業等から提供された課題に挑戦・実社会応用力を磨く科目「O/OCF-PBL」(オーシフ・ピービーエル)および若手社会人と課題やプロジェクトに取り組む科目「企業人と学生のハイブリッド」が、経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」を受賞しました。

受賞した科目の概要

「O/OCF-PBL」

課題解決活動を通じて実社会で必要となる心構えや能力を身に付けるために設定された科目である。大学での学びと実社会での学びとを融合させながら、実践指向型の課題解決型学習にて、1年次から3 年次まで体系的な能力伸長を図るものである。

「企業人と学生のハイブリッド」

企業の若手社員と学生のハイブリッドによる人材育成プログラム。若手社員1 人と学生3 人がチームを形成し、社員が直面している業務上の課題の解決に向けて、調査や分析、ディスカッションや上司への中間プレゼンテーションなど検討を重ね、課題解決の方策を提案。
なお、経済産業省HPに受賞者のリストが掲載されていますので、ご覧ください。
PAGE TOP