カリキュラム

数理科学科

1年次

大学の数学に不可欠な証明の読み書きを学ぶ。

身に付けるスキル:数学を研究するための基礎力
定理や公式を証明するのが大学の数学。そこで、「代数学・幾何学」や「微分積分学」などの科目を通して、証明の読み書きを学びます。さらに「演算の数理」では整数やその大元となる素数の世界にも触れ、数学の楽しさを味わいます。

2年次

コースを選択し、基礎専門科目を受講する。

身に付けるスキル:研究のベースとなる専門基礎力
将来の研究も考慮して、2年次で「基礎数理コース」「応用数理コース」のどちらかを選択。「産業と数学」などの授業を通して、実社会で役立つ数学にも触れます。

3年次

さらに専門を深め、研究活動もスタート。

身に付けるスキル:自らのテーマの確立と数学の高度な専門知識
代数学、幾何学、解析学などに関する専門科目について複合的に履修し、「数理科学特別研究Ⅰ」で自らの研究への理解を深めます。またプログラミングなどに関わる情報数理分野も増え、数学と情報科目をともに学べます。

4年次

4年間の集大成、卒業研究に取り組む。

身に付けるスキル:卒業研究に必要な探究力や論理的思考力
「数理科学特別研究Ⅱ」では、専門性を高める研究に挑戦します。学生自身が最も関心のある分野を追究し、4年間の総仕上げとして卒業研究にまとめます。 

1年次 2年次 3年次 4年次
演算の数理 解析学入門A・B 数理科学特別研究I 数理科学特別研究II
数学基礎セミナー 確率・統計 常微分方程式論 数学解析特論A など
代数学・幾何学IA・IB 産業と数学 数学英書講読  
代数学・幾何学演習IA・IB 集合と写像 複素解析学A・B
微分積分学IA・IB プログラミングI・II 離散数学A・B
微分積分学演習IA・IB 代数学・幾何学IIA・IIB 代数学A・B
論理と集合 など 代数学・幾何学演習IIA・IIB 幾何学A・B
  微分積分学IIA・IIB 位相幾何学A・B
微分積分学演習IIA・IIB など 確率論A・B
  シミュレーションの数理A・B
リスクの数理A・B
プログラムの数理A・B
暗号・符号の数理
代数学と教育
幾何学と教育
解析学と教育 など
卒業論文のテーマ(抜粋)

  • 複素力学系
  • 数学教育
  • ゼータ関数とその周辺
  • 非ユークリッド幾何入門
  • 楕円関数論
  • 整数論とその応用
  • 非線形微分方程式
  • 確率論
  • 結び目理論、数理ゲームの解析
  • 数理論理学・圏論
など

物理科学科

1年次

専門的に学ぶための土台を築く。

身に付けるスキル:研究の礎となる数学と物理学の基礎力
数学と物理学の基本を学習。「物理学実験A・演習」など豊富な演習や実験を交えながら物理科学の基礎を身に付け、専門的な学びを展開するための土台を築きます。

2年次

将来の研究を見据えて、物理学の基本を学ぶ。

身に付けるスキル:物理学のさらなる基礎専門力
1年次で築いた数学と物理学の基礎をベースに、「解析力学」「量子力学」などの専門科目を履修し、次年度以降に備えます。最先端研究に必須となる国際的な研究論文を読むための英語講読も行います。

3年次

興味ある分野から専門への理解を深める。

身に付けるスキル:応用的な物理学の知識と技術
「統計力学」「固体物理学」「相対論」などバラエティ豊かな科目から、自らの興味に応じて履修します。4年次からの特別研究に向けて専門領域への理解をより深めます。

4年次

個別のテーマで、最先端研究に挑む。

身に付けるスキル:先端的なテーマを追究する創造力と課題解決力
「特別研究」では、ナノ、超電導、物質科学などの最先端分野における卒業研究を行います。最終的には卒業論文を執筆。発表も行うため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力も向上します。

1年次 2年次 3年次 4年次
物理学実験A・演習 物理学実験B・演習 物理学実験C 特別研究
  • 分子物質科学
  • 固体物性
  • 物性物理
  • 計算物質科学
  • 構造物性
  • 量子機能物性
  • 環境科学
力学A・B 量子力学A 統計力学A・B
代数学・幾何学A・B 熱力学 量子力学B・C
微分積分学A・B 電磁気学A・B 光学
物理数学入門 解析力学 固体物理学A・B
物理学演習A 環境科学A・B 原子物理学
数学演習A・B など 物理化学実験 媒質中の電磁気学
  物理学英書講読A など 量子力学演習A・B
  相対論 など 素粒子物理学 など
卒業論文のテーマ(抜粋)

  • 密度汎関数理論によるディラック方程式の数値計算-孤立原子系への応用-
  • ド・ハース-ファン・アルフェン効果の原理とフェルミ面解析
  • 運動によるランダム変調を受けた核スピンの時間発展
  • 水素の特異な運動のNMR研究
  • Au電極によるCO2電気化学還元
など

宇宙物理・気象学科(2016年4月開設)

1年次

宇宙物理や気象を学ぶ基礎を養う。

身に付けるスキル:研究に必要な数学と物理学の基礎力
「物理学演習」「数学演習」など実践的な科目を交えながら数学と物理学の基本を学習。宇宙・大気の物理現象を解明するための物理学の基礎を身に付け、専門的な学びを展開するための土台を築きます。

2年次

本格的な研究につながる専門への導入。

身に付けるスキル:宇宙物理や気象に関する幅広い知識や技術
「地球惑星科学概論」「天文学概論」「気象物理学A」「宇宙観測と星の物理学」の4つの必修科目を設定。専門の基礎となる科目を学ぶことで次年度からの本格的な研究に備えます。

3年次

豊富な実習や演習を通じてさらに専門性を高める。

身に付けるスキル:高度な専門知識・技術データ解析力や分析能力
「宇宙物理学」「気象学」のどちらかに重点をおいて実習を選択。実習や演習に重きをおいた授業で、観測技術、高度なデータ処理や分析能力も高めていきます。さらには幅広い科目の履修を通して視野も広げていきます。

4年次

自らの興味に合わせて、卒業研究に集中する。

身に付けるスキル:自らのテーマを追究する課題発見力と解決力
「特別研究」では、これまでに学んだ知識をもとに自分が興味を持つ研究テーマを選定し、卒業論文を執筆します。発表などを通して、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力も向上します。

1年次 2年次 3年次 4年次
力学A・B 熱力学 気象物理学B 特別研究 など
  • 天文物理学
  • 気象力学
  • 天文学
  • 惑星気象学
  • 観測的宇宙論
  • 惑星大気観測
  • 観測宇宙物理学
  • 非線形光学
微分積分学A・B 電磁気学A・B 地球惑星環境観測学
代数学・幾何学A・B 地球惑星科学概論 星間空間と銀河の物理学
物理学演習1・2 天文学概論 ブラックホール天文学
数学演習1・2 気象物理学A 大気物理学実験
物理学実験 など 宇宙観測と星の物理学 気象学データ解析演習
  代数学・幾何学D 宇宙観測・解析実習
流体力学 など 天文観測技術特別実験 など
卒業論文のテーマ(抜粋)

  • レーザー光回折を用いたナットのピッチ測定・解析
  • 金星の大気大循環
  • マイクロレンズ現象を使用した系外惑星探査
  • 荒木望遠鏡搭載の天体自動追尾システムの開発
  • 惑星由来微粒子の惑星間輸送についての研究
など
PAGE TOP