教員紹介三好 博之

戻る

三好 博之MIYOSHI HIROYUKI

理学部 数理科学科 教授

学位
東京大学博士(理学)
専門分野
理論コンピュータ科、圏論、数理論理、計算の哲学

今年度の担当科目

プログラミングI、プログラミング II、プログラムの数理A、プログラムの数理 B、数理科学特別研究I、数理科学特別研究II-1・2、大学数学の基礎、論理と集合、産業と数学

e-mail

メッセージ

幾何学が空間を対象とし、代数が数を対象とするように、理論コンピュータ科学や数理論理学(数学基礎論)は記号とその操作から生まれるものを主な対象とする数学です。また圏論は多様な数学的構造を普遍性という観点から統一的に扱う数学です。高校ではこのような分野はなかったためにあまり馴染みがないと思いますが、現代の数学やコンピュータ科学の理論はこのような厳密な論理的基盤の上に成り立っています。特にコンピュータ科学が高度になるにつれてこのような数理的基礎の重要性はますます高まっています。また圏論は数学の最先端で特に非可換な対象を扱う際には欠かせないものとなっています。このような分野を一緒に学んでいきたいとおもいます。

これまでの4年生の特別研究(ゼミ)紹介

数理科学科ではまだ2学年のみ。確率・統計(和書)の輪講(1年目:就職希望者のみだったため、数理リテラシとして選択)、圏論(英書)の輪講(2年目:本来の専門に近い内容)。基本的にはプログラミングはその時に扱っている数理的理論の理解に必要な場合のみ行う。なお、以前に所属していたコンピュータ科学科では学生個々人が題材を決めて様々なプログラミング言語やXMLなどを用いたシステム構築を行なっていた。

研究のテーマ

理論コンピュータ科学、特にプログラムの意味論が元々の専門。さらにそこで用いられる圏論、数理論理学に固有の数学的問題も扱う。また自己に作用する計算系(リフレクション)に関する考察をきっかけとして計算の哲学についても研究を行なっている。

業績


専任教員一覧に戻る

PAGE TOP