教員紹介佐藤 賢一

戻る

佐藤 賢一SATO KEN-ICHI

総合生命科学部 生命システム学科 教授

専門分野
生化学、細胞生物学、分子生物学

研究テーマ・内容

2つのテーマを扱っています。1つめは、主にアフリカツメガエルをモデル生物とする受精成立の分子機構です。特に精子と卵が細胞膜レベルでコンタクトしたときに起こる、発生開始のシグナル伝達機構に興味があります。2つめは、主にヒトの培養細胞株をモデル実験系とするがん細胞の生物学的機能です。特にがん細胞に特有の、正常細胞にはない生物学的機能(たとえば、ある環境下における細胞死抵抗性)の分子基盤に興味があります。これらは、一見お互いに関係のない、生物個体の誕生と死にそれぞれ関係するという意味で相反するテーマであるように映るかもしれません。しかし私たちは、2つの生命現象に、共通の遺伝子産物がかかわる共通の作動原理があるのではないか、と考えています。私たちは、細胞レベルの生と死が互いに背中合わせの関係にある可能性を分子レベルで検証していきたいと考えています。

担当科目

春学期

生命システム英語講読I、フレッシャーズセミナー、腫瘍細胞生物学、生物学実験、応用特別研究1、大学の歴史と京都産業大学

秋学期

発生生物学、生命システム実習I、基礎特別研究、応用特別研究2

プロフィール

北海道岩見沢市生まれの道産子(どさんこ)です。高校を卒業後に神戸に来て以来、ずっと関西に住んでいます。高校で出会った先生や先輩、そして本などの影響を受けて生物学に興味を持つようになりました。2007(平成19)年度から本学で教育と研究に従事しています。今年度(2016年度)はちょうど10年目です。

受験生へのメッセージ

大学受験の突破はたいへんなハードルですが、決して終着点ではありません(燃え尽きてしまわないでね)。大学では自由と責任に裏打ちされたみなさん独自の学びが待っています。私の仕事は、皆さんの学びのお手伝いをすること(授業や実習のことです)、そして皆さんから学び、共に学ぶこと(研究のことです)です。その時が来るのを楽しみにしています。

分属前学生へのメッセージ

研究室というのはどういうところなのか、不安と期待があると思います。でも皆さんの先輩達は、この道を通って卒業して行ったのです。ですから心配することはありません。しっかりと準備をして、具体的には健康な毎日を送るマイペースを身につけて、そしてしっかり単位を取って、研究室に飛び込んで来て下さい。

教育活動の特色

「ハテナソン」を授業や授業外の学びの場、さらには研究の場においても活用しています。詳しくはこちら(ハテナソンホームページ)もご覧下さい。
ハテナソンは、一人一人の発想を尊重し、かつ民主的な方法のもとで、質問や課題、問題等を発見し言語化する取組みを意味する、ハテナ(?)とマラソンをあわせた、アイデア創発コミュニティ推進機構認定アイデア創発ファシリテーターのサトーケニチこと佐藤賢一オリジナルの造語です(※1)。英語表記はhatenaとmarathonをあわせて、hatenathonです。課題や問題に対する解決策やアイデアをつくりだす取組みをアイデアソン(アイデア+マラソン)、つくられたアイデアを世界・社会で応用したり実現・実装したりする取組みをハッカソン(ハック+マラソン)とよぶことに刺激をうけて、このように名付けました。人がつどい、お互いに協力しながらなにかを学ぶとき、あるいはつくりあげていくとき、どのように学び、あるいはつくりあげていくのか。わたしはこのお題に対して、ハテナソン、アイデアソン、ハッカソンの順で学び、あるいはつくりあげていく、そうして得られた成果や気づきをもとにして新たな展開へ向けてハテナソン~ハッカソンをおこなう、この流れを繰り返す、というイメージをもっています。
※1 クリエイティブ・コモンズ・ジャパン登録済

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
サトーケニチ 作『ハテナソン』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
本ページ内にある作品に基づいています。

研究室の構成、様子、特別行事など

2016年4月1日現在での所属学生は、総合生命科学部生命システム学科の4年生が4名(男子4)です。研究の場は、おもに15号館1階15125実験室と15117実験室で、研究助教のアレクサンダー・トクマコフ博士、研究補助員の荒井 華菜香さんと協力して運営しています。4月初めにお花見(今年は昨年に続き円山公園でした)、5月と11月には賀茂川べりで懇親会、8月と2月に志賀松の浦セミナーハウスで泊まり込みの研修会/卒業研究発表会、 他大学研究室との合同セミナー・勉強会(摂南大学、今年は神戸大学の研究チームともジョイント予定)、京都市内や学会開催地などでの食事会(不定期)など、年中を通して京都産業大学ならではといえる諸行事があり、ときには楽しく、ときには厳しく、研究生活に取り組んでいます!

研究実績

(2014年以降の原著論文○、英文総説◎、および邦文解説●:順に著者名、論文題目、発表雑誌名、末尾の数字は順に発表年:巻番号;ページ番号)

◎ Sato, K.
Fertilization and Protein-tyrosine Kinase Signaling: Are They Merging or Emerging?
In Reproductive and Developmental Strategies (Kobayashi, Kitano, Iwao, and Kondoh eds. Animal Diversity and Generality series, Springer) in press.

○ A.K.M. Mahbub Hasan, A. Hashimoto, Y. Maekawa, T. Matsumoto, S. Kushima, T.W. Ijiri, Y. Fukami, K. Sato.
The egg membrane microdomain-associated uroplakin III-Src system becomes functional during oocyte maturation and is required for bidirectional gamete signaling at fertilization of Xenopus laevis.
Development 2014:141;1705-1714.

○ Y. Iwao, K. Shiga, A. Shiroshita, T. Yoshikawa, M. Sakiie, T. Ueno, S. Ueno, T.W. Ijiri, K. Sato.
The need of MMP-2 on the sperm surface for Xenopus fertilization: Its role in a fast electrical block to polyspermy.
Mechanism of Development 2014:134;80-95.


このほかに、例年、研究成果の発表(口頭あるいはポスター発表)や情報交換・収集のために参加している国内学会・研究集会に、日本分子生物学会、日本生化学会、日本癌学会、日本動物学会、日本ツメガエル研究集会(今年は8月に東岡崎で関連の研究会が開催される予定)など、国外の研究会議には、受精と発生開始の活性化(西暦の奇数年開催)、あるいは細胞死(西暦の偶数年開催)に関するゴードン研究会議などがあります。

連絡先

15号館1階 15123(教員研究室)、15117・15125(実験室)
e-mail:kksato@cc.kyoto-su.ac.jp

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP