教員紹介木村 成介

戻る

木村 成介KIMURA SEISUKE

総合生命科学部 生命資源環境学科 教授

専門分野
植物環境応答学

研究テーマ・内容

ニューベキアの葉の形態の表現型過塑性
環境に応じて葉の形を変化させる植物ニューベキアを用いた植物の表現型可塑性の研究

生物が周囲の環境に応じてその表現型を変化させることを表現型可塑性といい、生物の環境への適応に重要な役割を果たしています。アブラナ科に属する水生植物の二ューベキア(Neobeckia aquatica)は、生育する環境に依存して葉の形態を変化させ、空気中では楕円形の単葉を発生する一方、水中では針状の小葉からなる羽状複葉(一枚の葉が複数の小葉に分かれた葉)を発生します。また空気中でも温度を変化させると葉の形態が大きく変化します。このような葉の形態の変化(表現型可塑性)は、光条件や水の抵抗などの環境に適応するために役に立っていると考えられていますが、どのような仕組みで葉の形を変化させているのかについてはほとんどわかっていません。私達は次世代シークエンスという新しい技術を利用して、ニューベキアが環境にどのように応答して葉の形を変化させているかを明らかにすることを目指して研究をすすめています。

担当科目

春学期

環境応答学、生命資源環境学実験・演習II、生物学通論A、応用特別研究1

秋学期

基礎生態学、生物学実験、理科教育法4、基礎特別研究、応用特別研究2

受験生へのメッセージ

自分の好きなことを勉強できる大学は楽しい所です。受験は大変だと思いますが、自分の目標に向かって頑張ってください。大学に入ったら、友達をたくさん作って、課外活動などいろんなことに挑戦してください。

分属前学生へのメッセージ

研究室での研究は、これまでの勉強とは違い、誰も答えの知らないことを自分の力で明らかにしていくことになります。研究で何か新しいことを見つけるのは、大変なことであると同時にとても楽しい作業です。一緒にがんばって身の回りにある不思議な現象を解明していきましょう。

研究室の構成、様子、特別行事など

2010年4月にできた研究室です。

連絡先:第一実験棟 2階607
E-mail:

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP