教員紹介増田 将伸

戻る

増田 将伸MASUDA MASANOBU

共通教育推進機構 准教授

学位
博士(人間・環境学)(京都大学)
専門分野
言語学

研究テーマ

「会話分析を用いたコミュニケーション研究」

実際の会話を「会話分析」という方法論で分析することで、言語現象や人々の会話中の相互行為の仕組みを記述する研究をしています。学問領域としては言語学と社会学の境界あたりに位置付けられる研究です。現在は質問-応答を通じたスタンス表明や、話し合い場面中のやりとりについて主に研究しています。大学で担当している英語の授業に関しても、自分の第二専攻だと位置付けて研究を重ねています。学習動機付け、文法教授、グループワークの活用に主な関心があります。

担当科目

プレ基礎英語,基礎英語(総合・TOEIC)Ⅰ・Ⅱ,中級英語(TOEIC)Ⅰ・Ⅱ,初級英語(TOEIC)Ⅲ・Ⅳ

プロフィール

神戸出身で、生まれてからずっと関西にいます。京都に住むのは大学院以来ですが、落ち着いた洛北住まいを楽しんでいます。学生時代に地元の英会話学校で歯ごたえのあるたくさんの課題を通じて4技能を訓練したことと、英語の感覚をユーモラスにわからせてくれる遠山顕先生のラジオ英会話にのめり込んだことが自分の英語の基礎を作ったと思っています。合唱・散策・旅行が好きで、週末は神戸で歌い、折にふれて各地の風景や食べ物を楽しんでいます。

学生へのメッセージ

外国語の授業は決して「お勉強」ではなく、人と人とのコミュニケーションの一側面を教室に持ち込んだものです。異なる背景を持つ他者を理解し協調することは現代社会でますます重要になっていますが、外国語の学習を通じてそうした姿勢を育むことができます。 TOEICの高得点を目標にして集中的に取り組み、英語の運用能力を確実に身に付けましょう。 言語・教育関係の研究成果を生かし、皆さんの成長を全力でお手伝いします。 

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP