教員紹介高嶌 英弘

戻る

高嶌 英弘TAKASHIMA HIDEHIRO

法学部 教授

学位
法学修士(同志社大学)
専門分野
民法、医事法、消費者法

出身校

1982年3月 立命館大学法学部法学科卒業
1985年3月 同志社大学大学院法学研究科私法学専攻博士課程前期課程終了
1989年3月 神戸大学大学院法学研究科私法専攻博士課程後期課程単位取得退学

自己紹介

京都生まれの京都育ちで、自宅も大学の近くです。しばらくロースクールで授業していましたが、2018年から法学部に戻ってきました。何か法律の質問があれば、いつでも気楽に声をかけて下さい。

私のゼミ

われわれは、衣食住のぜんぶを「契約」によって得ていますので、契約という制度は非常に重要です。本ゼミでは、ワンルームマンションを借りる、スマホでドコモからAUに乗り換える、ヤフオクでチケットを買うなどの身近な例を使って、契約法をしっかり身につけるための演習を行います。

私の講義

2年次/3年次演習、プレップセミナー、民法A(総則・物権)、民事法双方向講義A/B、ファンダメンタルセミナーを担当しています。また、法務研究科では、医事法を担当しています。

私の研究

民法、医事法、消費者法の3分野を対象としていますので、「三兎を追う者は一兎をも得ず」という結果になる危険もあるのですが、複数分野を研究対象にすることで、マクロな社会の動きを見据えた研究になるよう心がけています。

京都産業大学の好きなところ

ユニークな教職員が揃っているところ、真面目でコツコツ努力する学生さんがたくさんおられるところ。

京都産業大学を志望する方へ

大学の4年間は能力を伸ばすために最も適した時期ですから、ぜひ様々な活動(学習のみならず、部活動、アルバイト、留学、ボランティアなど)を通して、自分の可能性にチャレンジして下さい。皆さんが今後社会で自立して生きていくためには、知力だけではなく、課外活動で得られる体力や精神力も重要だからです。本学には、皆さんのチャレンジを応援する環境が整っています。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP