教員紹介川北 靖之

戻る

川北 靖之KAWAKITA YASUYUKI

法学部 教授

学位
京都産業大学 博士(法律学)
専門分野
東洋法制史 日本法制史

出身校

皇學館大学文学部 皇學館大学大学院文学研究科
國學院大學大学院法学研究科

自己紹介

まもなく定年を迎えますが、生涯一学生との思いで貫きたいと思います。

私のゼミ

今から一千三百五十年ほど前の、中国唐代の刑法である唐律を、受講生諸君と共に様々な角度から考察しています。

私の講義

東洋と日本の法制史、即ち法律と制度の歴史を講義しています。東洋法制史では、東洋の中でも、日本と最も関係の深い中国の法制を中心にして歴史的に考察します。日本法制史では、前近代のほぼ全ての時代に亘って大きな影響を受けた、中国の法制に注意を払いながら、律令法の果たした役割を中心に考察しています。

私の研究

日本と唐の法律制度の比較を行っています。

京都産業大学の好きなところ

賀茂別雷神社(上賀茂神社)の神域ともいうべき、神山の麓にキャンパスが立地すること。四季折々に洛北の自然を満喫することが出来て、思索する場としてふさわしい。

京都産業大学を志望する方へ

光陰矢の如し、時間を大切にして下さい。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP