教員紹介村上 博巳

戻る

村上 博巳MURAKAMI HIROMI

現代社会学部 健康スポーツ社会学科 教授

学位
教育学士(早稲田大学)
専門分野
運動生理学・測定評価

研究テーマ

「三点法による成長曲線の当て嵌めに関する研究 —競技記録の予測—」

スポーツ競技記録の比較や予測を数量的に把握するために、種々の実験式や理論式が考案され解析されてきた。競技記録はかならず飽和し限界を迎える。この視点に立って人類の競技記録に対する限界を予測する為の理論式を検討し、3点法による成長曲線に当て嵌め、高い適合性をもって記録の限界を推測できる解析法を考案した。そして競技記録の限界値を予測し、今後の具体的な指針となる目標設定の情報を提供し、将来展望を踏まえた指導法を考察している。

「各種競技のスポーツビジョンに関する研究」

スポーツ競技における情報は複雑であり、またその変化は急激である。選手は常に目標物や周辺の状況を見て瞬時に認識、判断しながら運動をするためその基本となる視力はスポーツをする上で非常に重要な役割をはたしている。スポーツ時に視覚を通してより良質な視覚情報を得ることが競技能力や競技結果につながる。スポーツビジョンの測定には、静止視力、前方動体視力、左右動体視力、コントラスト感度、眼球運動、 深視力、瞬間視力、眼と手の協応動作などがあり、視機能と競技力との関係について検討している。

今年度の担当科目

スポーツ実習(卓球)、スポーツ情報処理論

プロフィール

中学・高校・大学と卓球競技をやってきました。現在、本学の卓球部の監督をしています。大学のスポーツ系の教員・指導者は、「スポーツを科学的」し、その成果を教育、指導にいかすかが課題です。その遂行のため「教学」「研究」「課外活動の指導」活動を行っています。

学生へのメッセージ

学生時代は、貴重な時間と経験です。「何か打ち込めるもの」を見つけ、それに向かって努力することによって貴重なものが得られると思います。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP