教員紹介木原 麻子

戻る

木原 麻子KIHARA ASAKO

現代社会学部 現代社会学科 准教授

学位
修士(国際関係学) (立命館大学大学院)
専門分野
キャリア開発、課題解決型授業実践(PBL)、キャリアカウンセリング

研究テーマ

雇用や労働を取り巻く環境が大きく変化する現代、人はどのように職業人生を自らの力で構築し、歩んでいくかということが新たな課題となりつつある。キャリアに関わる諸理論の現代日本社会への適用やその方法について研究するとともに、大学生にも活用できるようなキャリアデザイン手法の開発について研究を進めていく。

プロフィール

大学院を卒業後京都府に入庁し、公務員として仕事人生をスタート。産業振興やまちづくり支援などに携わったのち、縁あって民間のベンチャー企業支援会社に転職しました。産学連携プロジェクトや多くのベンチャー・中小企業の相談業務に従事する中で、やがて「働くこと」が人の人生と社会全体にとってとても大きなことであることに気づき、キャリア支援の仕事に進みます。多様な環境で多くの人と仕事を経験してきたおかげで異なる分野の人同士をつなぐことが得意になりました。人生は縁や運に彩られ形作られていくのだなぁと実感しています。進路選択を前にした学生さんには「その時々の縁をチャンスを大切に」が口癖。京都出身。無類の猫好きです。

学生へのメッセージ

「キャリア」と聞いてどんな事を思い浮かべるでしょうか。就職活動をイメージする人も多いと思います。でも、皆さんのキャリアは社会に出たあとも、その長い人生を通じて日々積み重ねられていきます。そう言われると「じゃあキャリアを間違いなくしっかりと積んでいかなければならない」「失敗のないようにしないといけない」などと不安になるかもしれません。しかしある人は言います。「自分の将来を今決めるよりも、積極的にチャンスを模索しながら、オープンマインドでいるほうがずっとよい」と。だから大学では日々の研究はもちろん、課外活動や旅、恋愛、冒険などたくさんのことにチャレンジして、想定外の人生を楽しめる「根っこ」を作ってほしいと思います。好奇心と楽観性を友として。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP