教員紹介梶 茂樹

戻る

梶 茂樹KAJI SHIGEKI

現代社会学部 現代社会学科 教授

学位
博士(文学)(京都大学)
専門分野
記述言語学、アフリカ地域研究

研究テーマ

主としてアフリカ諸語を対象としたフィールドワークの手法の開発、そして言語記述をベースに 言語と文化の問題を考察しています。また、国語選定の問題など社会言語学的テーマや、少数言語・危機言語の問題などにも積極的に取り組んでいます。1970年代、80年代は主としてコンゴ(旧ザイール)、90年代はセネガル、タンザニア、2001年からはウガンダで調査を行っています。

今年度の担当科目

現代社会の諸問題A

プロフィール

もともと知らない国や文化に興味があり、大学4年の時に、シベリア経由でヨーロッパに行き、ヒッチハイクやバスで、ヨーロッパのみならず北アフリカや中近東、インドを回って帰ってきました。研究ということでアフリカに行きだしたのは大学院の博士課程の時からです。これからはアジア、太平洋地域も研究の対象にしていきたいと考えています。

学生へのメッセージ

大学時代は、何か1つ、これは自分がやった、これだけはやれるようになったと言えるものを見つけてください。教員は、そのお手伝いをします。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP