教員紹介伊藤 公雄

戻る

伊藤 公雄ITO KIMIO

現代社会学部 現代社会学科 教授

学位
文学修士
専門分野
文化社会学、メデイア研究、ジェンダー論

研究テーマ

ポピュラーカルチャーを含む広義の文化現象やメディアの社会学的研究
男性性を中心にしたジェンダー研究
文化研究・メデイア研究の視点からのイタリア近現代政治文化の研究

今年度の担当科目

現代社会の諸問題B、社会学入門A、社会学入門B、入門演習A、入門演習B、宗教社会学、メディア社会学、基礎演習

プロフィール

京都大学文学部卒業、同大学院博士課程学修退学、イタリア政府給費留学生としてミラノ大学政治学部留学。京都大学文学部助手、神戸市外国語大学外国語学部助教授、大阪大学人間科学部助教授・教授、京都大学文学研究科・文学部教授などを経て、2017年より京都大学名誉教授・大阪大学名誉教授。内閣府男女共同参画会議専門調査会委員、同男女共同参画の将来像検討会座長代理、国連人口基金東京事務所アドバイザリーコミッティ委員、関西社会学会会長、日本スポーツ社会学会会長、日本ジェンダー学会会長などを歴任。現在、日本学術会議会員、独立行政法人国立女性教育会館監事、日本イタリア会館常務理事、京都府・大阪府・滋賀県の男女共同参画審議会会長などをつとめる。

学生へのメッセージ

若者文化研究をやっていたこともあり、たぶん日本で最も早い段階でマンガを大学の授業にとりいれた教員だと思います。若い世代の意識や生活スタイルにはすごく興味があります。こちらも「1970年前後」の若者文化についてメディアとのかかわりで教えるつもりですが、若い世代の生活については理解できないところもけっこうあるので、ぜひ授業やゼミなどを通じて教えてもらえればいいなと思っています。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP