教員紹介若田 加寿子

戻る

若田 加寿子WAKATA KAZUKO

外国語学部 英語学科 教授

専門分野
ホスピタリティビジネス論

研究テーマ

・ホスピタリティビジネス論:
ホスピタリティの発揮は、航空産業や観光業などのホスピタリティ産業のみに求められるものではなく、今やあらゆる産業、企業、社会、大学、家庭においても必須であり、組織や個人が発揮するホスピタリティが経営を大きく左右すると言っても過言ではありません。産学連携のメリットを活用し、ホスピタリティの発揮に必要とされるコミュニケーション力の向上を図りつつ、即戦力となる人材の育成方法について研究しています。

担当科目

ホスピタリティビジネス論 エアラインビジネス論 ツーリズム論など

プロフィール

ANAの客室乗務員として入社して以来、国内線、国際線の乗務をはじめとして、教育訓練担当教官、客室乗務員の採用、機内の品質向上策の策定など様々な業務を経験でき、多くの人々と仕事ができたことは、私の宝物です。
最大のリフレッシュは旅行で、計画を立てる時が一番幸せです。趣味(だった)は、編み物、クロスステッチ、書道ですが、いつか時間がたっぷり出来たら、それぞれを極めたいと思っています。

学生へのメッセージ

エアラインに携わってきた者として、一人でも多くの学生の皆さんにエアラインについて知って頂きたいと思っています。また、社会にでれば絶対に必要となるホスピタリティの重要性を理解し、社会に出る前に、発揮できる人になって頂きたいと願っています。長く社会人として働いてきた経験から、少しでも、社会と大学の橋渡し役として、お役に立てればと思っています。

エアラインビジネス論について

時代と共に、刻々と変化を遂げているエアラインですが、ここ数年ではLCC(格安航空会社)の躍進が目覚ましく、 世界はもちろんのこと、日本でも、着実に旅客数を伸ばしています。そのLCCに対して大手航空会社も生き残りをかけ、様々な戦略で差別化を図っています。何かと課題も多い航空産業ですが、社会で果たす役割は大きく、今後も成長し続ける産業です。エアラインの様々な仕事をはじめ、企業としての活動などについて、詳細に学ぶことができます。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP