教員紹介内田 健一

戻る

内田 健一UCHIDA KENICHI

外国語学部 ヨーロッパ言語学科 イタリア語専攻 准教授

学位
文学修士(京都大学)
専門分野
イタリア文学

研究テーマ

「近代国家イタリアと文学者ダンヌンツィオ」

1861年に統一したイタリアで花開いた国民文学、その中で特に人気が高かったのはダンヌンツィオです。彼は詩や小説を書いただけではなく、ファッション・リーダーとして多くの模倣者を生み出し、現代イタリアの洗練されたライフ・スタイルの元祖となりました。そして、メディアを巧みに操って大衆を動かした彼の手法は、ムッソリーニのファシズムに大きな影響を与えました。このように複雑怪奇な近代社会を一身に体現するダンヌンツィオを、私は様々な角度から分析しています。

担当科目

専攻イタリア語(構造と総合)、イタリア語学概論、イタリア文学・文化概論、イタリア語コミュニケーション論(ツーリズム)、検定イタリア語(上級)、基礎演習

プロフィール

大阪出身なので、お笑いの文化が心に根付いています。お笑いと言っても様々で、私が好きなのは、やはり言葉を巧みに操るものです。それが文学や語学の道に進んだ理由の一つではないかと思います。その一方で、芸術全般が好きで、学生時代はバンドをしたり、劇団に関わったりしていました。芸術の国イタリアに引き寄せられたのは、偶然ではなかったように思います。二つの覇権都市、ヴェネツィアとローマに留学し、グローバルかつローカルな知性を養いました。

学生へのメッセージ

私は下鴨に住んでいるので、大学へは自転車で来ることがあります。エコで、運動にもなり、とても爽やかな気持ちになります。また学内では、エスカレーター・エレベーターではなく、階段を使うようにしています。便利な近道はない、これは学業にも通じているはずです。ゆっくりと自力で進むことによって、見えなかったものが見えてくるでしょう。Chi più conosce più ama, e più amando più gusta! 知れば知るほど好きになる、好きになるほど楽しくなる!

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP