教員紹介髙山 秀三

戻る

髙山 秀三TAKAYAMA SHUZO

外国語学部 ヨーロッパ言語学科 ドイツ語専攻 教授

学位
文学修士(東京大学)
専門分野
ドイツ近現代文学

研究テーマ

トーマス・マン、ニーチェ

担当科目

専攻ドイツ語、ドイツ文学概論、近現代小説入門、たのしいドイツ語、ドイツ文化論

プロフィール

東京で生まれ育ちましたが、産大に就職するために関西に来ました。関西生活のほうがそろそろ長くなりますが、まだまだ関西人には程遠いのが残念です。それでも関西に骨を埋めたいと思っていますし、このままいけばそれ以外ありえない感じです。趣味は路地裏を歩くことで、暇があれば細道を探索し、安くてうまいうどんやどんぶりを見つけて舌鼓を打っています。京都の路地裏はかなり征服したので、この頃は神戸や大阪まで遠征して路地を堪能しています。

学生へのメッセージ

大学はいろいろな考え方に出会える場所です。信念の人になる前にまずはゆるくなって、いろいろな考え方を頭に入れてみてください。ムダなことをいっぱいやるのもいいことです。いやだったことが楽しくなったり、つまらないと思っていたことが面白くなったり、何の役にも立たないと思っていたことが役にたったりするのが人生というものではないでしょうか?

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP