教員紹介小脇 光男

戻る

小脇 光男KOWAKI MITSUO

外国語学部 アジア言語学科 日本語・コミュニケーション専攻 教授

学位
文学修士(広島大学)
専門分野
日本語教育(主に日本語文法や音声)・言語学(主にセム系の諸言語)

研究テーマ

外国人留学生の日本語教育に長年携わってきたことから、日本語を外国語の一つとして見つめなおす機会に恵まれました。このような視点から得られた成果を、外国人の日本語教育や日本語教員になりたい人のために生かす方策を探っています。
その一方で、中東、アフリカの言語に(歴史、文化、宗教などにも)興味をもっています。古代メソポタミアの諸言語をはじめ、ヘブライ語やペルシャ語などを研究対象としてきました。この十数年間は文字を持たない民族の言語を調査、記述するためにエチオピアでフィールドワークを行っています。

担当科目

言語学概論、日本語文法、対照言語学、(留学生の)日本語科目

プロフィール

島根県内の各地~大阪~神戸~広島~熊本と、間に数年間の海外生活をはさみながら、住み処を変えてきました。言語形成期に移動したためか、自由に話せ、自信をもって理解できる自分の方言(母語)が残念ながら、ありません。多分、こんなことが言語学や外国語に関心をもつきっかけになったのではないかと、今では思っています。前任校を既に退職し、2015年春から本学に勤務していますが、これまでの研究や経験が皆さんのお役にたてば幸いです。

学生へのメッセージ

外国語学部はもちろん、外国語を学ぶところです。それぞれの専攻語の、いわばプロになるために日々、外国語と格闘し、膨大な時間と努力をついやすことになります。しかし、現在叫ばれているグローバルな世界では、外国語だけできれば十分というわけではありません。自国のことは言うまでもありませんが、他地域の諸事情にもできるだけ目を向けてほしいと思います。また、特定の言語を絶対視することなく外国語を学んでほしいと思います。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP