教員紹介川越 いつえ

戻る

川越 いつえKAWAGOE ITSUE

外国語学部 英語学科 教授

学位
文学修士(大阪大学)
専門分野
英語音声学・日英比較音韻論

研究テーマ

日英語比較音韻論・「日本語の促音とは何か」「日本語母語話者の英語発音の問題点」
日本語母語話者(JNS)と英語母語話者(ENS)は英語音声のとらえ方が違います。JNSはbookを「ブック」と聞きますが、発音記号をみると、英語「book」は[buk]であり、どこにも促音(ッ)はありません。これは何を意味するのでしょうか。ENSには促音「ッ」という音が分からないのです。JNSには「ブック」は「ブク」とはまるで違います。ところがその感覚はENSには通じません。ENSには「ブック」と「ブク」が同じに聞こえるだけでなく「勇樹君」も「由紀ちゃん」も同じ「Yuki」に聞こえるのです。この音感覚の違いが日英語のリズムの違いの基にあります。日英語の音声の違いを解き明かし、JNSが英語発音を習得する鍵を見つけることが私の研究テーマです。

担当科目

英語音声学音韻論、研究演習、インテンシブ英語C

プロフィール

岡崎市(愛知県)で祖母に育てられ、東京育ちの母のもと横浜で育ち、京都に流れ着いて30年。ドイツで青春を過ごしワインを学び、イギリス教師によってダンスに目覚め、アメリカ文化に違和感を感じつつも、こよなく愛します。きわめて多面的な、だからこそ、フツーの人です。ワインとダンスと英語好きな単純な人間です。このところ小中高の英語教師たちに発音研修をする機会が多く、やりがいを感じています。

学生へのメッセージ

京都産業大学には素粒子論でノーベル賞を受賞された益川敏英教授が益川塾塾頭としておられます。私には素粒子論はさっぱりわかりませんが、益川先生が安全保障関連法案について毅然とした態度でご自分の信じるところを主張しておられる姿に心から感動します。各人の多様な意見を尊重しながらも、自分が大事だと思うことをまわりに主張できる人間がこれからますます求められる時代だと思います。お互いに、益川先生という大先輩から力をもらってしっかり生きていきましょう。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP